PTCヒーター(セラミックファンヒーター)でトヨタハイブリッド車の燃費が向上する冬の暖房対策!

トヨタ ヴォクシーハイブリッドに搭載したPTCファンヒーター

トヨタのハイブリッド車は、ガソリンエンジン車と同様にエンジンの排熱で温められた冷却水の熱を利用して車内に暖房の風を吹き付ける仕組みになっていますが、始動直後や渋滞している道路などでは頻繁にエンジンが始動して燃費を悪化させてしまいます。この無駄なアイドリングを減らすためにPTCヒーター(セラミックファンヒーター)を搭載して燃費が向上するかをヴォクシーハイブリッドで試してみました。

PTCヒーター(セラミックファンヒーター)でトヨタハイブリッド車の燃費が向上する冬の暖房対策!

トヨタのハイブリッド車の暖房の仕組みと燃費悪化の原因

トヨタのハイブリッド車の暖房は、エンジンの排熱で温められた冷却水をヒーターコアに循環させて空気を温め、その温められた空気を車内に循環させるガソリンエンジン車と同様の仕組みを採用しています。

最近はエンジンの排熱を利用する事ができない電気自動車(EV車)を中心にヒートポンプ式が採用されるようになってきていますが、エンジンを回す方が効率の面でまだ優勢なのか、ハイブリッド車では採用されている車種は少ないのです。

また、ハイブリッド車は発進加速や定速走行時に駆動用モーターでアシストしたり、減速時にモーターを発電機として作動させて駆動用バッテリーを充電する事で、ガソリンエンジン車では不可能だった燃費の低減を実現させていますが、暖房の熱源としてエンジンの排熱が必要なので、暖房時はエンジンを始動させなければいけません。
ハイブリッドシステム自体は徐々に進化を重ねて、エンジンを停止してモーターのみで走行可能な時間が増えていますが、冬場に暖房を使用する際には、モーターの稼働率が上がった事が裏目に出ているのです。

例えばアクセルペダルをほとんど踏まない渋滞中や下り坂などは、暖房用の熱源になるはずのエンジンが始動する機会が少なく、徐々に水温は下がり続けます。
水温が下がって暖房用の熱が確保できないと判断すると、自動的にエンジンを始動させて再び水温を上げるようにプログラムが組まれているのですが、本来であればEV走行で燃費が良くなるはずの絶好の機会に燃料を使用するエンジンが始動してしまうため、その結果燃費の悪化に繋がります。

燃費悪化の原因になってしまうエンジンが始動しないようにどうしたら良いかと言うと、暖房を停止して水温が下がらないようにするしか手段がありません。
それか、燃費が悪化してしまうのを諦めるか・・。

そこで考えてみました。
エンジンが稼働している間に駆動用バッテリーが充電される仕組みを利用して、その電力を利用してしまえば良いのではないかと・・。

そこで、リサイクルショップで丁度良いサイズのPTCヒーターを見つけたのでヴォクシーハイブリッドに搭載してみたのです。

購入したPTCファンヒーターの説明

STS株式会社 PTCファンヒーター

今回購入をしたPTCファンヒーターは、茨城県のセカンドストリートで偶然見つけた製品だったのですが、STS株式会社というメーカーから販売されている製品らしいのです。
過去にインターネットショッピングでも販売されていたのですが、製造自体が中止されたのか、今は見かけなくなりました。

STS株式会社 PTCファンヒーターの吹き出し口

直径が13.5cm、高さが23.5cmの円柱形でサイズ的にもかなりコンパクト。重量も1kg以内に収まるわずか970gしかない製品なのです。
ヒーターは左右に分けられていて、600W時は左側のみが熱を発し、1000Wでの使用時は両側から熱を発して暖かい風を吹き出します。

STS株式会社 PTCファンヒーターの吸気口

背面の吸気口から12cmぐらいの大きさの高回転型ファンで送風をするため、稼働時は負荷をかけている時のPCぐらいの騒音はします。
ただし、耳障りな高周波音は少なく、割と不快に感じるような音ではないとは思いますが、就寝時に近くで使うとなると気になるレベルかもしれません。

STS株式会社 PTCファンヒーターの上部スイッチ類

人感センサーは付いていませんが、このサイズでは珍しい温度設定と首振りが可能なセラミックファンヒーターなのです。
ネットショッピングでも小型で温度設定が可能なファンヒーターをかなり探したのですが、このサイズでここまで機能が揃っているヒーターは今の所これのみです。


実際にヴォクシーハイブリッドに搭載してみました!

トヨタ ヴォクシーハイブリッドに搭載したPTCファンヒーター

邪魔になる場所に置きたくなかったので、センターコンソールボックスにマジックテープでPTCファンヒーターを固定しました。
600Wと1000Wの熱量をスイッチで切り替えられますが、600Wでも充分室内が暖まるレベルの温風は出ますので、1000Wは始動直後の室内の温度が低い時のみ使用して、後は600Wでも充分温まります。

駆動用バッテリーの発電のためにエンジンが始動する時もありますが、充電量が3から4になった時にエンジンが自動的に停止するので、暖房用に水温を上げるためにエンジンを回すよりも全体的な稼働時間は短めになります。

また、走行している時にエンジンが温まりやすく、駆動用バッテリーにも勝手に充電されるようになるため、水温に応じて暖房とPTCファンヒーターを切り替えるようにすると、冬場でもかなり燃費が良くなります。

トヨタ ヴォクシーハイブリッドにPTCファンヒーターを搭載した時の燃費

ヴォクシーハイブリッドE-Fourなので、最高でも22~23km/Lぐらいの燃費になるはずなのですが、暖房とPTCファンヒーターを切り替えてどうにか19.3km/Lの燃費を記録する事が出来ました。
エンジンの冷間始動時から水温が40℃になるまでエンジンが回りっぱなしになるのが、トヨタのハイブリッド車の仕様ではありますが、暖房を使用すると、車内を温めるために必要な熱源となる水温に達するまで、さらにエンジンが回りっぱなしになります。
カーエアコンの暖房ではなく、アクセサリーコンセントから電源を取ったPTCファンヒーターを使用すると、水温が40℃になった時にEV走行に切り替わるので、特に短距離走行時などでは燃費の面でかなり有効になります!

車中泊の時にも体に有害な一酸化炭素を出さない暖房ですので、セラミックファンヒーターやPTCファンヒーターを搭載するのは、オススメですよ!
ちなみに1000Wで使用しても、シートやセンターコンソールが焼けたりなどのトラブルはなく、吹き出し口以外から余計な熱を発するような事もありませんでした。

ただ、同じ製品は見つけらなくなっちゃいましたね・。

もう出ないと思いますがSTS株式会社のPTCファンヒーター BD120Dという製品です。


BD120Dはもう出てこなさそうな気もするので、同等の性能がありそうなセラミックファンヒーターを紹介しておきます。


当ウェブサイトは、実際に訪れた場所や実際に使用した物を紹介し、執筆者が感じた事を忖度無しにそのまま記事にしております。
商品のご購入や旅行などの参考として、皆様のお役に立てる記事にする事を目標に随時更新してまいります。
また、レビュー依頼などで投稿している記事についてはPRという表記をいたしますが、それ以外は実際に使用したり訪れた感想として記事を投稿しております。
またXやFacebookページなどSNSへのシェアは記事上や記事下にあるソーシャルボタンを使用すれば、簡単に共有ができます。
YouTubeチャンネルのご紹介YouTubeのロゴ
Youtubeチャンネルでは、日本国内各地の美しい四季の風景、ネイチャービデオ、花火大会やイベント・お祭り等、クリスマスイルミネーションや夜景、星景タイムラプス映像、Vlog、飛行機や新幹線などの乗り物等の映像をライブラリー化し、世界各地に発信しております。
また、不定期で花火大会やイベントのライブ配信も実施中!
上のYouTubeアイコンからチャンネルを表示していただき、チャンネル登録後に通知をオンにしていただくとライブ配信の通知が受け取れます!
もちろん動画URLや埋め込みタグを使用したウェブサイトへの埋め込みやSNSでのシェアもOKです!各種SNSでも情報を発信中!
主にFaceBookページが中心です!

FacoBook ロゴ
Threads(スレッズ)のアイコン

instagramロゴ

関連記事

  1. ホームセンターとfcl.のLEDバルブの比較

    フォグランプをfcl.(エフシーエル)イエロー・ホワイト2色切り替えLEDバルブに交換したのでレビュー

  2. コクピット名取 アライメント測定

    自動車の四輪ホイールアライメント調整の必要性!燃費向上や走行性能にも影響するメンテナンス

  3. トヨタ アベンシス 11年25万キロ走破!燃費も走りも良い車でした!

    トヨタ アベンシス 11年25万キロ走破!燃費も走りも良い車でした!

  4. トヨタ新型90系ヴォクシーハイブリッドS-Z E-Fourのフロント

    トヨタのミニバン!新型90系ヴォクシーハイブリッドE-Four納車後のインプレッション!評価レビュー

  5. トヨタ新型90系ヴォクシーハイブリッドS-Z E-Fourのデザイン

    トヨタのミニバン 90系(95)新型ヴォクシーハイブリッドであったら便利なカー用品!

  6. 90系ヴォクシーハイブリッドE-FourにRS-R Ti2000を取り付けた後に19インチホイール

    90系新型ヴォクシーをRS-R Ti2000でローダウン!ハイブリッドの4WD E-Four ZWR95W

  7. Zeetex WH1000で山形県の圧接路を走行している写真

    そこそこいいかも? コスパ最強輸入スタッドレスタイヤ ZEETEX WH1000のレビュー

  8. メルテック エアーコンプレッサー ML250

    自動車のタイヤ空気圧点検と充填ができるメルテック 電動エアーコンプレッサーML250のレビュー

  9. トヨタ90系ヴォクシーハイブリッドE-Fourの実燃費

    トヨタ90系新型ヴォクシーハイブリッドE-Fourの実燃費は?東北と関東往復無給油で走行してみました。

  10. VSCシステムチェック警告灯点灯状態

    VSCシステムチェック表示・エンジン警告灯が点灯、故障かと思ったら原因はエアフロセンサーだった。

  11. ディスプレイオーディオのAndroid Autoのメニュー画面

    Android AutoとApple Carplayの違いを比較!自動車ディスプレイオーディオに分割画面も追加!

  12. Yuumo+ マッハドライヤーの吸水力

    洗車後の水滴を残さない吸水力最強レベルのマイクロファイバークロス!Yuumo+マッハドライヤーのレビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. モバイルバッテリーで給電YUKIMOTO電熱ヒーターベストのレビュー

    寒い冬もモバイルバッテリーで温まる!オススメのDC…

  2. 宮城県蔵王町 みやぎ蔵王えぼしリゾート えぼし雪上花火大会

    2024年 みやぎ蔵王えぼしリゾート えぼし雪上花火大…

  3. 肘折温泉を彩る冬花火 2024年 肘折幻想雪回廊 | 山形県大蔵村

    肘折温泉を彩る冬花火 2024年 肘折幻想雪回廊 | 山形…

  4. プロスタッフCCウォーターゴールドの撥水効果

    自動車の車内清掃や洗車にオススメ!便利なメンテナ…

  5. WordPressサイトのレイアウト崩れ修復方法

    WordPress管理画面のレイアウト崩れの簡単な修正方法…

  6. Yuumo+ マッハドライヤーの吸水力

    洗車後の水滴を残さない吸水力最強レベルのマイクロ…

  7. 誕生日プレゼントにMURA(ムラ)の長財布をいただきました!

    誕生日プレゼントにお洒落なMURA(ムラ)の長財布をい…

  8. ATEnge充電式電動エアダスターのレビュー!パソコンや車内清掃にも最適で経費も削減!

    ATEnge充電式電動エアダスターのレビュー!パワフル…

  9. 2019年 みやぎ蔵王えぼしリゾート えぼし雪上花火大会

    2024年2月3日にみやぎ蔵王えぼしリゾートで、えぼし…

  10. Amazonタイムセール祭りを2024年2月1日9時から開催!87時間限定のビッグセール!

    Amazonタイムセール祭りを2024年2月1日9時から開催!…

カテゴリー

Japan Videography YouTubeチャンネルロゴ

写真素材のピクスタ