トヨタのミニバン!90系新型ヴォクシーハイブリッドS-Z E-Four購入の決め手!

トヨタ新型90系ヴォクシーハイブリッドS-Z E-Fourのデザイン

前車アベンシスワゴンを手放して次期マイカーとして購入したトヨタのミニバン、90系ヴォクシーハイブリッドS-Z E-Fourの購入の決め手をご紹介します。是非これから購入する予定がある方の参考になれば良いなと思って記事にしました。

トヨタのミニバン!90系ヴォクシーハイブリッドS-Z E-Four購入の決め手!

突然訪れたアベンシスとのお別れ

トヨタ アベンシス 11年25万キロ走破!燃費も走りも良い車でした!
2012年にZRT272Wトヨタ・アベンシスワゴンを購入して11年目25万kmとなり、そろそろ次期マイカーを探さなければと思いながらも決め手が無い状態でもあったので、今回も次が決まるまでの繋ぎに車検を受ける予定でした。
年数で言えばまだ11年目ではありましたが、走行距離が25万kmともなると屋根の内張りが下がってきたり、ナビが壊れたり、最近は左のドアミラーが動かなくなってきたりなど、少々ヨレヨレ感も増してきている感じです。

実際に車検を受けるつもりでディーラーに入庫したものの、上記不具合だけではなく、フロントウィンドウの交換やブレーキのキャリパーピストン固着、ファンベルトの交換時期など、まずまず車検どころではない見積りになってしまったのです。

このままでは車検を受けたとしても、中古車を一台買えるぐらいの費用になってしまいそうなので、ぴったり11年目の車検前にアベンシスを降りる事になりました。

一応は検討していた次期マイカーの候補

三菱アウトランダーPHEV
画像は三菱自動車ウェブサイトより

今回の車の購入前にも何度か次期車両を検討しておりました。
まず第1候補にしていたのが、三菱のアウトランダーPHEVです。
7人乗りで街乗りからスキー、オフロードなども楽しめそうな車でありながら、プラグインハイブリッド車でもあるというのが検討材料になっていたのですが、80kmぐらいまでは燃費が良いけど、それを過ぎてしまうと充電しない限り15km/lぐらいになってしまうらしい。
聞いちゃいけなかった事だったのか、三菱の営業マンも渋々教えてくれたような感じ・・。
スタイルも良くて、是非欲しいと思った車ではあったけど、最近のガソリン価格高騰もあって、アベンシスの郊外走行時の燃費とさほど変わらないという事で購入は見送りました。

他にもマツダ車も検討していましたが、マツダ車に乗っている知人や友人の評判があまり良くなく、そちらも今回は見送りです。

アベンシスの車検を受けるのがディーラーであったという事もあって、営業マンが「今月中に納車ができます。」と言って持ってきたのが、ヴォクシー・ノア・ハリアーの3車種です。
以前、荷物が積めて燃費が良い車は検討しているけど、決め手が無いという話をしていたけど、トヨタ車だとアルヴェルを抜けばこの辺になるみたいです。

丁度、試乗車の入れ替えや中古車フェアと重なっていたのもあって、この試乗車落ちの車両がすぐに納車できる車となっていたそうです。

即決ではなく持ち帰っての検討でしたが、カタログや仕様を見て中1日で決めたのがトヨタのミニバン、90系ヴォクシーハイブリッドS-Z E-Fourでした。

90系ヴォクシーハイブリッドS-Z E-Four購入の決め手

購入の決め手① WLTCモード22.0km/Lの低燃費

トヨタ新型ミニバンヴォクシー ハイブリッドシステム
最近のガソリン価格高騰でアベンシスがハイオク指定車である事がかなりきつかったのもありますが、次期車両はハイブリッドかディーゼルと決めていました。
ウェブサイトやYouTube動画を見てみると、90系ヴォクシーとノアのハイブリッド車は22.0km/Lとまではいかなくても20km/L前後は走るという情報が多く、どうやら、トヨタ・ハイブリッド・システム(THSⅡ)が第5世代に進化して、トヨタのハイブリッド車の代名詞となったプリウスよりも先90系ヴォクシーとノアに搭載されたそうです。
第5世代THSでは最高で130km/hまでモーターのアシストが入るように進化し、先代がニッケル水素電池だったのに対して小型軽量化されたリチウムイオン電池に変わっており、ノアヴォクに関しては千代の第3世代THSから第5世代THSにジャンプアップしております。

エンジンは高効率の排気再循環システムと低フリクション化アイテムの採用により最大熱効率40%を実現した1.8L直列4気筒DOHCエンジンである2ZR-FXEで、ベースは古いけど改良を加えた別物らしい。
アベンシスのエンジンは3ZR-FAEで25万kmも走って全くトラブルが無かったエンジンだったぐらいですから、耐久性と信頼性の高さからZRエンジンが選ばれたのはあると思いますが、ダイナミックフォースエンジンの3気筒M15Aと4気筒M20Aの中間のエンジンが無かったのもあったのでしょう。
最大出力と最大トルクを見ればM15Aでも走らない事も無いですが、3気筒の音がヴォクシーの質感との釣り合いが取れなかったのかもしれません。

ヴォクシーの納車の前にヤリスハイブリッドを乗っていましたが、それに比べるとエンジンが介入する頻度が多くなりますので、同クラス以外の燃費とは比較しない方が精神衛生上良さそうです。
また、高速道路での加速や山道の登りはエンジンの回転数が上がりすぎる所は気になる所ですが、第5世代THSⅡのモーターの力に頼りすぎて、ヴォクシーの重量に対してエンジンのチョイスが非力すぎていたのかもしれません。

燃費以外にも目を向けるとアクセルを踏み込んだ瞬間から前に押し出されるような感じの力強いトルク感は感じられると思いますので、法定速度の範囲内の全てのロケーションにおいてヴォクシー・ノアのパワートレインの長所を感じられるかと思いますが、高速走行については、空気抵抗が増大するためなのか、加速の伸びが弱くなるような印象を受けます。


購入の決め手② 見慣れればかっこいいスタイル

トヨタ新型ミニバンヴォクシー
画像はトヨタ自動車ウェブサイトより

当初はノアが優勢でしたが、カタログを見ているうちにヴォクシーのなまはげ顔も悪くないかなというのも決め手の一つになりました。
巨大なロアーグリルとアッパーグリル下のトヨタエンブレムの部分に違和感は感じておりましたが、良い意味で普通だったノアに対して奇抜でクセが強すぎるヴォクシーのフロント周りがかっこよく見えてきました。

営業マンには最初は「ノアかな?」とは言っていましたが、中1日を挟んで突然ヴォクシーに興味が移ってしまったのです。

標準仕様のリフレクター式ヘッドランプでも充分かっこいいとは思いますが、3眼プロジェクター式の方がロアーグリルとの調和が取れているのと、デイライトもプロジェクター式のオプションとなっているので、ヴォクシーを購入する時は付けておいた方が良いでしょう。

ノアとヴォクシーのハイブリッドE-Fourは3cmほど全高が上がっているので、タイヤとフェンダー間の大きなクリアランスが災いして全体的な腰高感は感じてしまう所があるかもしれませんが、E-Fourは元々最低地上高が125mmになっているのと、オーバーハングの長さとフロントバンパーの低さが少々ネックになってしまうと思うので、ローダウンはほどほどにしておいた方が良いのかもしれません。

逆にここまで潔くフェンダーのクリアランスを大きく取ってしまうと、デリカD5のようなオフロードカスタムの方が似合いそうですよね。(結局ローダウンした)

購入の決め手③ 7人乗れてそこそこ広い車内

トヨタ新型ミニバンヴォクシーハイブリッドの車内
今までの所有者はほぼ3ナンバーサイズで、前車アベンシスに関しては1.8mのオーバーサイズな車幅となっていたのですが、先代までの5ナンバーサイズミニバンは狭いという先入観はありました。
購入前に、展示車の車内に乗り込んでみましたが、6人までが乗り込む分には窮屈な感じもなく、高級志向のアルヴェルに対して、アウトドアや車中泊に丁度良い広さのファミリーカーという感じに仕上げたのでしょう。
だからと言って高級感が損なわれているわけではなく、ドア内張やインパネに触り心地の良いソフトレザーが多く使われておりますので、Mクラスミニバンにありがちだった安っぽさは感じられなくなっております。

4人以上の人数を乗せると、途中で席の入れ替えも必要かもしれないような3列目シートの薄さは減点材料になりましたが、全体的に見ると室内のスペースは結構ゆったりと使えそうな感じはしましたし、3列目シートを格納して2列目シートを前後に745mmも動かせるようになるので、足を伸ばせるぐらいの広々とした空間で快適なドライブを楽しめそうです。

シートの形状に凹凸が出来る事もあって完全なフルフラットには出来ませんが、工夫をすれば快適な車中泊はできますし、長距離ドライブが多い筆者にとって、前車アベンシスではかなり苦痛を感じるポイントではありましたが、どこでも寝れるようになるというのは遠征時の大きなメリットとなります。

購入の決め手④ 無駄に多い収納スペースと広いラゲッジスペース

トヨタ新型ミニバンヴォクシーハイブリッドの収納スペース
購入検討時から重要視していたのは、三脚などの撮影機材を含む荷物をゆったり積めて、さらに三列目シートの片側だけを格納しなくて済むようにしなければいけないという事でした。
アベンシスはスペアタイヤが前後に1個半分ぐらい積めるような広いラゲッジスペースだったので、それ以下になってしまう車種は考えていなかったのですが、居住空間を広げた代わりにラゲッジスペースが狭くなった車種が以前よりも増えたような気がします。
実際に5人乗って荷物を積むとなると、キャプテンシートのエスティマよりもアベンシスの方が積載量は多いですし、ステーションワゴン全盛期はとにかく荷物が積める車種が多かったような気はします。

トヨタ新型ミニバンヴォクシーハイブリッドのスーパーラゲッジスペース
90系ヴォクシーはどうかというと、フロアが前から後ろまでフルフラットになっているため、段差や窪みで荷物を痛める事も無く、シートアレンジ次第でどんな積み方も可能なのです。
購入までは、アベンシスに積んでいた量の荷物を3列目シート片方を格納して積むつもりでいましたが、重ねる事ができない長物を床下収納に収める事が出来たので、カメラバッグや着替え用の服、宿泊セットなどは三列目シートを倒さずに搭載できるぐらいの余裕はあります。

アイリスオーヤマ 空気清浄機 10畳 脱臭 ホコリ 花粉 集じん 小型 静音 おやすみモード インテリア ナイトライト付 IAP-A25-W
そして撮影が終わった後は毎回必ず充電祭りになっていたわけですが、シガーソケットから配線が届く範囲のフロアやシートの上にに機材やバッテリーを置いて充電をしていたのが、ラゲッジスペースや後席のコンセントを使用して充電を出来るようになりましたので、今まで必要としていた全てを90系ヴォクシーハイブリッドで全て解決できたとも言えるでしょう。

トヨタ新型ミニバンヴォクシーハイブリッドのドリンクホルダー
さらに、ノアとヴォクシーは室内の収納スペースが多く、ドリンクホルダーやドアポケットが無駄に多く、S-Zのドリンクホルダーについては15個付いています。
正直な所、ドリンクホルダー以外にスマホホルダーも付けて欲しかった所もありますが、ダッシュボード上オープントレイ、リアの折り畳み式サイドテーブルなど、使い勝手の良いユーティリティが標準搭載となっています。


購入の決め手⑤ 100VコンセントやUSB端子が備わっている

トヨタ90系ヴォクシーハイブリッドでIHクッキングヒーターを使用
今まではAC100Vのインバーターを使用したり、ポータブル電源を使用して撮影機材の充電をしたりしていましたが、充電している時間は運転しているかアイドリングをしていなければいけなかったのです。
そのポータブル電源自体も撮影の時に使用するので、車載の電源関係ではかなり不便な点が多かったです。
90系ノアとヴォクシーのS-Zハイブリッド車では最大1500WのAC100Vコンセントや合計で4つのUSB端子が標準装備になっているので、ハイブリッド車の特性上、ガソリンを全く使わないというわけではないけど、無駄なアイドリングの時間を大幅に減らせるようになります。

また、東日本大震災の際は停電して電気が使えなかった期間もあったので、非常時給電モードで最大1500WのAC100Vコンセントを使用した住宅への給電を行えるようになるのもハイブリッド車のメリットではありますし、非常時給電モードを使用していても車内のエアコンやディスプレイオーディオを使用できるようになるのも車中泊をする際に便利だとは思いました。

あとはうるさいスマホの充電器争奪戦が無くなる事ですかね・・。バレるまで言わないつもりでしたが、5秒で見つかりました。

購入の決め手⑥ ディスプレイオーディオプラスが素晴らしかった

トヨタ新型ミニバンヴォクシーハイブリッドのディスプレイオーディオ
カーナビゲーションやマルチインフォメーションディスプレイという概念が無く、今はナビ一体のオーディオはディスプレイオーディオという名称になっているようです。
カーナビやラジオ、またはスマートフォン連携機能などは標準装備の8インチディスプレイオーディオでも使用出来るので、スマートフォンさえ持っていれば音楽を聞いたりルート案内をしてもらう分には特に不便はしないでしょう。

オプション設定のディスプレイオーディオプラスを選択すると、10.5インチのディスプレイにスマートフォン連携、ラジオやCD・DVDプレーヤー、ETCの他、ハイレゾ音源にも対応した高音質サウンドも楽しめる12スピーカー仕様になるのです。
規格上はFLACに対応していないCDにはハイレゾ音源を収録できないようになっているのですが、Amazon Music UnlimitedやApple Musicの有料プランで48KHz/24bitのハイレゾ音源の他、Dolby Atmosなどの空間オーディオも視聴できるようになるので、音楽はスマートフォン連携の方が音が良くなります。

筆者の場合は、Amazon Music Unlimitedで音楽を聞いていますが、iPhoneの出力状態を見る限りDolby Atomos等の空間オーディオの出力自体は出来ているので、対応はしているのかもしれません。

ちなみに音楽のサブスクでは、今の所AmazonとApple以外はハイレゾ音源に対応していないそうです。

ノアとヴォクシーに限らずトヨタのディスプレイオーディオの残念な所は、純正リアモニターにしか対応していないのと、HDMI出力などの映像出力が存在していない所でしょう。

iPadなどのモバイル端末から車両側のHDMI入力を使用してミラーリングをしても、著作権保護機能が働いてiPad側の表示がブラックアウトされてしまいますので、後席用にモニターを設置したいのであれば、純正フリップダウンモニターを付けておいた方が良いと思います。

購入の決め手⑦ 雪道でも安心の電気式4WDのE-Four

トヨタ新型ミニバンヴォクシーハイブリッドE-Four
平地だけに限ればほとんど雪が降らない地域に住んでいるので、普段はFF車で充分なのですが、雪まつりやスキー場などの雪深い地域に行く事が多いので、今まで購入する事が無かった4WD車を選択いたしました。
ヴォクシーとノアのハイブリッド車の4WDはリアにモーターを取り付けた電気式4WDであるE-Fourとなっておりますので、エンジンから伸びるプロペラシャフトは存在していません。
また、滑りやすい路面でスリップを検知するとFFから4WDに自動的に切り替わるのは当然ですが、乾燥路面でも発進加速をアシストしたり、カーブを旋回している時に舵角に合わせて理想的なラインを走行するためのリアモーターの制御なども行い、リアの駆動力が必要の無い定速走行ではFFに切り替わります。

ただし、フロントモーターとリアモーターを合わせた最大出力を使えるわけではなく、駆動用バッテリーから出力される電力量自体はFF車と変わらないので、E-FourだからFFよりも力があるというわけでは無いようです。
また、インチアップやローダウンをする際は、最低地上高125mmが仇になって30mmぐらいしか下げられなかったり、外形が変わる前後異形サイズのタイヤとホイールが履けなくなるデメリットもありますので、もしドレスアップを予定している方はノーマルの最低地上高とスリップ状態と判断されやすくなる前後異形サイズのタイヤは履けなく事に注意しましょう。

E-Fourの恩恵なのかハイブリッド車の特性なのかは分かりませんが、加速時はリアモーターも駆動させるので、ドライブモードをECO以外にすると、重そうな車体に似合わない鋭い加速はします。


購入の決め手⑧ パノラミックビューモニターの有無でシフトレバーを選択化

トヨタ新型ミニバンヴォクシーハイブリッドのシフトレバー
オプションのパノラミックビューモニターを選択するとプリウスなどで採用しているエレクトロシフトマチックになるのですが、選択しなければ従来のようなストレート式となります。
ストレート式はエレクトロシフトマチックと比較すると古臭くは感じますが、マニュアル車のリバースの操作がエレクトロシフトマチックのドライブになってしまうのが個人的に好みではなかったので、シフトレバーを選択できるのは正直ありがたい。
エレクトロシフトマチックはいっそのこと、パーキングとリバースをボタン式にしてもらって、シフトレバーはニュートラル、ドライブ、エンジンブレーキの操作だけにしてもらった方が良いですし、マニュアルのリバース操作が体に染みついちゃっている人ほどエレクトロシフトマチックは避けた方が良さそう。

不満点は少しずつ出ているけど、完璧を求めなければ最高のアウトドア仕様ファミリーカー

トヨタ 90系 ヴォクシーハイブリッド E-Four
サイズ的にはエスティマよりも10cm以上短い車体となりますが、5人乗っても狭いという声は今の所無く、むしろエスティマよりも広く感じるらしいです。
室内装備も充実していて、今の所は運転をしたり人や荷物を乗せる分には特に不満はありません。

しかし、ディスプレイオーディオについては全てタッチパネルになってせいか、操作性が悪い事と分かりにくさ、またカスタマイズの項目が少ない表示方法など、改善の余地はあるでしょう。
またメーターパネル内のマルチインフォメーションディスプレイもせっかく大きいサイズを用意しているのですから、2項目分割表示をするなど、もう少々工夫が必要だったような気もします。

走りについては4WD車特有の腰高感は否めませんが、ECOモードを使えば燃費が良くなり、ノーマルモードやパワーモードを使用すれば、ゼロスタートからの鋭い加速も楽しめるなど、割とオールマイティに扱いやすい車だとは思いましたが、省燃費走行を目指す上では少々アクセルコントロールの難しさを感じています。
それも慣れが必要なんでしょうけど、買い物やアウトドアなど様々なシーンで活躍する自分の車の使い方にぴったり合った一台であると感じました。

以上、購入直後のインプレッションと購入するまでの決め手について記事にしましたが、1000km走行後のインプレッションについては別のページで記事にいたします。

当ウェブサイトは、実際に訪れた場所や実際に使用した物を紹介し、執筆者が感じた事を忖度無しにそのまま記事にしております。
商品のご購入や旅行などの参考として、皆様のお役に立てる記事にする事を目標に随時更新してまいります。
また、レビュー依頼などで投稿している記事についてはPRという表記をいたしますが、それ以外は実際に使用したり訪れた感想として記事を投稿しております。
またXやFacebookページなどSNSへのシェアは記事上や記事下にあるソーシャルボタンを使用すれば、簡単に共有ができます。
YouTubeチャンネルのご紹介YouTubeのロゴ
Youtubeチャンネルでは、日本国内各地の美しい四季の風景、ネイチャービデオ、花火大会やイベント・お祭り等、クリスマスイルミネーションや夜景、星景タイムラプス映像、Vlog、飛行機や新幹線などの乗り物等の映像をライブラリー化し、世界各地に発信しております。
また、不定期で花火大会やイベントのライブ配信も実施中!
上のYouTubeアイコンからチャンネルを表示していただき、チャンネル登録後に通知をオンにしていただくとライブ配信の通知が受け取れます!
もちろん動画URLや埋め込みタグを使用したウェブサイトへの埋め込みやSNSでのシェアもOKです!各種SNSでも情報を発信中!
主にFaceBookページが中心です!

FacoBook ロゴ
Threads(スレッズ)のアイコン

instagramロゴ

関連記事

  1. ジョイフル エナジーギア フォームスプレーとシュアラスターカーシャンプー

    売れ筋ナンバー1の洗車用品!Surluster(シュアラスター) カーシャンプー1000のレビュー

  2. プロスタッフCCウォーターゴールドの撥水効果

    自動車の車内清掃や洗車にオススメ!便利なメンテナス用品やカーケアグッズをご紹介!

  3. トヨタヤリスハイブリッドのエンジンとTHSⅡ

    トヨタの新型ミニバン 90系(95)ヴォクシーハイブリッドE-Fourの走行性能

  4. DIXCEL ブレーキパッド M type

    純正から評判が良いDIXCEL(ディクセル)のブレーキローターPDとパッドM Typeに交換してみたのでレビュー

  5. メルテック エアーコンプレッサー ML250

    自動車のタイヤ空気圧点検と充填ができるメルテック 電動エアーコンプレッサーML250のレビュー

  6. Yuumo+ マッハドライヤーの吸水力

    洗車後の水滴を残さない吸水力最強レベルのマイクロファイバークロス!Yuumo+マッハドライヤーのレビュー

  7. 90ヴォクシーハイブリッドE-Fourのホイールマッチング

    トヨタ 90系新型ヴォクシーハイブリッド E-Fourのホイールマッチング!19インチ8J+38を履かせてみた!

  8. トヨタ90系ヴォクシーハイブリッドE-Fourの実燃費

    トヨタ90系新型ヴォクシーハイブリッドE-Fourの実燃費は?東北と関東往復無給油で走行してみました。

  9. 冬の蔵王エコーライン 90ヴォクシーハイブリッドE-Four 雪上走行

    冬の雪道最強スタッドレスタイヤはブリヂストンのブリザックVRX3!価格は高いけどおすすめ!

  10. 90系ヴォクシーハイブリッドE-FourにRS-R Ti2000を取り付けた後に19インチホイール

    ドバイ発の自動車用激安アジアンサマータイヤ ZEETEX HP3000 vfmの実車走行レビュー!

  11. Mixiu 雪かきスコップ スノーショベル 3段構造 アルミ合金製

    ジョイント式車載雪かきスコップのレビュー!軽量でコンパクトに畳めて突然の大雪やスタック対策に!

  12. トヨタ新型90系ヴォクシーハイブリッドS-Z E-Fourのフロント

    トヨタのミニバン!新型90系ヴォクシーハイブリッドE-Four納車後のインプレッション!評価レビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. モバイルバッテリーで給電YUKIMOTO電熱ヒーターベストのレビュー

    寒い冬もモバイルバッテリーで温まる!オススメのDC…

  2. 宮城県蔵王町 みやぎ蔵王えぼしリゾート えぼし雪上花火大会

    2024年 みやぎ蔵王えぼしリゾート えぼし雪上花火大…

  3. 肘折温泉を彩る冬花火 2024年 肘折幻想雪回廊 | 山形県大蔵村

    肘折温泉を彩る冬花火 2024年 肘折幻想雪回廊 | 山形…

  4. プロスタッフCCウォーターゴールドの撥水効果

    自動車の車内清掃や洗車にオススメ!便利なメンテナ…

  5. WordPressサイトのレイアウト崩れ修復方法

    WordPress管理画面のレイアウト崩れの簡単な修正方法…

  6. Yuumo+ マッハドライヤーの吸水力

    洗車後の水滴を残さない吸水力最強レベルのマイクロ…

  7. 誕生日プレゼントにMURA(ムラ)の長財布をいただきました!

    誕生日プレゼントにお洒落なMURA(ムラ)の長財布をい…

  8. ATEnge充電式電動エアダスターのレビュー!パソコンや車内清掃にも最適で経費も削減!

    ATEnge充電式電動エアダスターのレビュー!パワフル…

  9. 2019年 みやぎ蔵王えぼしリゾート えぼし雪上花火大会

    2024年2月3日にみやぎ蔵王えぼしリゾートで、えぼし…

  10. Amazonタイムセール祭りを2024年2月1日9時から開催!87時間限定のビッグセール!

    Amazonタイムセール祭りを2024年2月1日9時から開催!…

カテゴリー

Japan Videography YouTubeチャンネルロゴ

写真素材のピクスタ