安全にHDDを復旧!データ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizardのレビュー

EaseUS Data Recovery Wizardのインストール

パソコンを使用して写真や動画の編集や保存を繰り返すクリエイターなどでも、データを誤って削除してしまったり、ハードウェアのトラブルや故障が原因でハードディスクなどの記録メディアが読み込めなくなってしまった方も多いのではないでしょうか?そんな時に安全にデータを復元できるオススメ データ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizardをオススメする理由や使用方法を紹介します。

データを読み込めなくなってしまう原因

故障したハードディスク
写真や動画を保存している記録メディアが突然読み込めなくなってしまったり、正常に動作していたはずのハードディスクが突然パソコン側で認識してくれなくなってしまうトラブルが起こってしまった。なんて話を時々耳にしますが、私が保管していたハードディスクもOSのクラッシュやマザーボード等の故障が原因で、使用できなくなってしまったハードディスクが6本もありました。

この中の2本は、RAID10(ミラーリング+ストライピング)で使用していたドライブのスペアとして使用している物であったり、システム入れ替え時に不要になったドライブであったりするのですが、他の残りは完全にパソコン側で読み込めなくなってしまったハードディスクとなります。

この中で一番重症だったハードディスクは、パソコン側からは完全に認識されなくなってしまい、ある日突然ファイルシステムがRAWとなってしまったドライブです。
その後、復旧を試みようと完全無料のデータ復旧ソフトを使用してデータの復元とパーティションテーブルの修復を行っていたのですが、これが仇となってしまい、さらに症状を悪化させてしまったのです。

私の場合は、マザーボードのサポートが終了した古い自作パソコンを使用していたので、最新のWindows10に対応したBIOSやデバイスドライバーが無い状態で運用していたのも原因にありましたが、ハードディスク等のストレージ関連の異常が特に多かったのです。

トラブルが増加した2019年の夏にシステムを総入れ替えしたのをきっかけに、取り外したハードディスクからデータを救出するために何を使えば良いのか考えていたのですが、データ復旧業者に出すのも高額になってしまいますし、以前症状を悪化させてしまった完全無料の復旧ソフトを使いたくなかったのもありました。
Google検索やBing検索を使ってデータ復旧ソフトを探していたのですが、その中でも特に評判が良かったのがEaseUS Data Recovery Wizardというデータ復旧ソフトだったのです。

EaseUS Data Recovery Wizardのインストール

EaseUS Data Recovery Wizardのインストール
EaseUS Data Recovery Wizardのインストールは、インストーラーを立ち上げたらEaseUSソフト利用許諾契約の条項にある「後述の条項に同意するとします」にチェックを入れて今すぐインストールをクリックするだけです。
インストールする時も、無料ソフトにありがちなセキュリティソフトや不要なタスクバーが一緒にインストールされる事もないので、上記の2つの操作だけで簡単にインストールが出来ます。
「インストールが完了しました」と表示されたら、今すぐはじめるをクリックして、EaseUS Data Recovery Wizardのトライアル版を起動させます。

EaseUS Data Recovery Wizardの体験版
体験版を起動させた時に既に紛失パーティションが発見された状態になっていたのと、これから数台にわたる復元作業を行う予定もありましたので、有料版のライセンスを購入する事とします。

Free(WindowsMac)Pro(Windows / Mac)Tech (Windows / Mac)
復元可能なデータ量2GBまで無制限無制限
削除・フォーマットしたデータの復元
削除・非表示・紛失・RAWになってしまったろしたパーテイションからのファイル復元
年中無休のテクニカルサポート無し
無料アップグレード無し○(永久無料アップグレード)○(期間中に無料アップグレード)
利用許諾ライセンス1PC用のライセンス無制限に利用可能なライセンス
商用利用可能無し無しあり
価格無料8,900円から35,580円から

2GB以上のファイルを復元する予定が無ければ無料版でも良いのですが、私の場合は無料版でスキャンしただけでも、次々と大きな破損ファイルが出てきたので迷わずPro版を購入しました。
有料版を使用する場合は、ライセンス認証をクリック後に購入時のライセンスコードを入力します。

EaseUS Data Recovery Wizard Proの使用方法


RAWになってしまったデータの復旧

RAWになったハードディスク
RAWになったハードディスク
ハードディスクのファイルシステムがRAWになってしまった場合は、利用可能なドライブとして認識されていないので、空き容量やドライブの容量が表示されません。
これをディスクの管理(Windowsのスタートアイコンを右クリック)で表示すると、ディスク2が正常であるとマークされているのに、ファイルシステムがRAWとなってしまって、ドライブとしては正常に認識されていない状態なのです。

EaseUS Data Recovery Wizard Pro
EaseUS Data Recovery Wizard Proを起動させると、RAWになってしまったハードディスクは、紛失パーテイションとして認識されていました。
このドライブを選択して右下のスキャンをクリックするだけで、即座に読み込めなくなったドライブの中身を読み込んでくれます。

たった、これだけでいいの??って不安に思うかもしれませんが、ソフトウェアがドライブの状態を認識して、その状態に最適なスキャンモードで読み取ってくれるので、ユーザー側では特別な操作をしなくても良いのです!
パソコンの初心者でも簡単に扱えるのも、このデータ復元ソフトをオススメする理由の一つなのです。

紛失パーテイションのスキャン
スキャンをクリックすると、次々と見えていなかったファイルが表示されて、1TBのHDDであれば、約2時間ぐらいでファイルのスキャンが完了しますので、データ復元ソフトウェアの中ではスキャンニングがかなり高速で進行する部類には入るようです。
データリカバリーウィザードを使用して、初めてこのハードディスクの中身が認識できたのですが、撮影した動画や写真のデータ、ダウンロードしたアプリケーションなどが保存されていたドライブだったようです。
復元可能なデータは、復元候補に表示されるのでそちらをクリックしてみましょう。

動画データの復元
写真やファイルサイズが大きなハイビジョン動画のデータも見事に復元されていました。
DNxHRやApple Proresなどのファイルサイズがとても大きな4K映像も保存していたのですが、復元が完了したデータリストの中にこれらのファイルも入っておりましたので、ファイルの形式を問わずに復元されたデータは100%という結果になりました。

アーカイブとして残していたデータなので、せめて半分ぐらいでも取り戻せれば良いと諦め半分で考えていたのですが、復元した時に紛失したデータが一つも無かった事に驚きました。

Adobe Lightroomでデータ読み込み
リカバリーに成功したデータを一つずつ見ていくのは大変なので、写真編集ソフトのAdobe Lightroom Classicを使用して読み込んだのですが、こちらでも全ての写真・動画データが正常に表示されています。
動画ではM2TS(Mpeg2トランスポートストリーム)やMP4、ファイルサイズが大きくてコンテナ形式が特殊なApple ProresやAvid DNxHRなどのMOVファイルをはじめ、MP3やWavの音声データまで復元、写真データでは、PNGやJpeg、ソニーやニコンのRAWデータであるARWやNEFファイルまで完全に復元されていました。

他のデータも一通り見てみたのですが、EaseUS Data Recovery Wizard Proは、PCで使用するほとんどのファイル形式の復元に対応しているのではないかと思います。


削除やフォーマットしてしまったデータの復元

削除やフォーマットしたデータの復元
ハードディスクから削除してしまったりフォーマットしてしまった後に、やっぱり必要なデータだった・・、って時には既に手遅れなんて思っている方がほとんどだと思いますが、これもEaseUS Data Recovery Wizard Proを使えば復元が可能です。
使用方法は、RAWになってしまったデータの復旧と同じでデータを削除してしまったドライブを選択してスキャンをするだけなのです。

Adobe Premiereでデータ読み込み
リカバリーしたデータは全て1GB以上の4K映像データがほとんどですが、Adobe Premiere Proで読み込んでみると、10GBを超える大データでもピクセルの欠損や途切れなどもなく完璧に復元されていました。

フォーマットしてしまったSDカードからデータを復元する

フォーマットや削除してしまった写真の復元
元々SDカード内の全ファイルをPC内部のストレージに移動していたため、わざわざEaseUS Data Recovery Wizard Proを使用して復旧する必要も無かったのですが、写真家やカメラマンが時々やってしまう、写真データの削除や初期化してしまったSDデータからの復元も可能なのか?実践してみました。
PCのOS上では、EOS DIGITALのSDカードであると認識していますが、最後にCanonのカメラを使用していた記憶があるのは2013年頃でしたので、およそ6年越しの復元作業となります。
もちろんSDカードを読み込ませた時には写真データ」が一つもない状態で認識をしていますが、このカードにスキャンをかけてみる事とします。

SDカードのデータ復元
やはり6年前に使用していたCanon EOS KISS X4という昔の一眼レフカメラで使用していたSDカードだったのですが、それにもかかわらず100%の確率で復元ができました。
「無断で撮影したけど、削除したから大丈夫でしょ!」というカメラマンがいたとしても、それぐらいではデータはを簡単に復元できるのも分かりましたので、もし無断で撮られてしまったら、カメラごと物理的に破壊してしまう方が確実だと思うぐらい高性能なデータ復旧ソフトなのです。

SSDのデータ復元
SSDに限らずWindows10では外部ストレージを脱着した直後に保存してあるデータが読み込めなく現象が多発しているようですが、これはWindows10の標準機能である高速スタートアップが原因で、前回のシャッタダウン時の構成を読み込んでしまうのが主な原因となっているそうです。
高速起動をオフにしてしまえば良いのですが、アップデート後の再起動でこの機能が勝手にオンになってしまう事案も発生している点についてもご注意下さい。

上の画像で読み込ませているNJAFLMは映像データを記録する外部レコーダーに使用しているSSDとなりますが、外部ストレージとしては認識されていたものの、データが全く読み込めない状態になっていたので、このデータ救済ソフトで復元を試みてみたのです。

その結果、見事に復元率100%で5GBから10GBクラスほどのファイルサイズが大きい動画データを読み込んで復元をする事が可能でした。


データ復旧が見込めない症状

データ復旧が見込めない故障
とても高性能で誰にでも取り扱える優秀なデータ復旧ソフトではありますが、残念ながら復元が不可能となってしまう可能性も少なからずあるようです。
物理的な故障や水没などで、不良セクタが大量にあり、ハードディスクの読み書きが正常に出来ない状態にある場合は、どのデータ復旧ソフトや業者を使用してもハードディスク自体を修理しない事には復旧が見込めないようです。
今回のパターンでは、正常に読み込めた可能性があるストレージをフリーソフトが破壊してしまったのが一番重症だったので、やはり安全を買うという意味ではEaseUS Data Recovery Wizardがベストな選択となるのではないでしょうか。

まとめ

簡単な操作だけで、読み出せなくなったデータを復元する事が出来る上に、イーザスソフトウェアでは、返金保証やセキュリティ保障・さらに24時間対応の技術サポートも行っているそうですので、安心と安全までセットで付いてくるのは凄くお得なのではないかと思います。
ほんの少しだけ使用する方のための1ヶ月ライセンスや、1年間使用可能な1年間ライセンス、さらに無料アップグレードにまで対応している永久ライセンスの3つのプランが用意されています。
動作環境やシステム要件などを記載している公式ホームページを一読してから試用して、万が一の事態に備えてみるのも良いのかもしれませんね。


YouTubeチャンネルのご紹介

Youtubeチャンネルでは、日本国内各地の美しい四季の風景、ネイチャービデオ、花火大会やイベント・お祭り等、クリスマスイルミネーションや夜景、星景タイムラプス映像、Vlog、飛行機や新幹線などの乗り物等の映像をライブラリー化し、世界各地に発信しております。
また、不定期で花火大会やイベントのライブ配信も実施中!
下のYouTubeアイコンからチャンネルを表示していただき、チャンネル登録後に通知をオンにしていただくとライブ配信の通知が受け取れます!
もちろん動画URLや埋め込みタグを使用したウェブサイトへの埋め込みやSNSでのシェアもOKです!
YouTube チャンネルリンク
各種SNSを運営中!フォローや登録はこちら!
YouTubeチャンネル
Bluesky
Fecebook
threads
instagram

関連記事

  1. ASUS デュアル RTX3060 OC 12GB GDDR6 PCIE 4.0 HDMI 2.1 3XDP 1.4A V2

    12GBのVRAM搭載グラフィックボードASUS Dual GeForce RTX 3060 V2 OC Editionのレビュー

  2. NVMe M.2 SSD BIOSTAR M700-1TBの速度測定結果

    速い!格安!M.2接続NVMe SSD BIOSTAR M700 1TBのレビューとUEFI BIOSの設定!

  3. 90系ヴォクシーハイブリッドの搭載した15Lの車載ポータブル冷凍冷蔵庫のサムネイル画像

    ポータブル冷凍冷蔵庫でキャンプやドライブ、震災等災害にを快適に BougeRV CR Lite 15Lモデルのレビュー

  4. 冷風扇や冷風機は夏の不快指数を上げる加湿器!効果やデメリットについて解説

    【スチームサウナ】冷風扇や冷風機は夏の不快指数を上げる加湿器!効果やデメリットについて解説

  5. ASUSマザーボード ROG STRIX Z390-F GAMING

    故障した水冷自作パソコンをCore i7 8700とASUS ROG STRIX Z390-F GAMINGで再製作!

  6. メルカリ出品商品撮影風景の写真

    メルカリやヤフオクなどの物販で高値で商品を売る撮影方法と便利グッズ

  7. QING CAOQING とAmazonの光ファイバーHDMI ケーブルの比較

    Amazonの長距離HDMI光ファイバーケーブルで動画を伝送できるかレビュー!遅延や不具合は?

  8. Venteland 1300Wヘアドライヤーのデザインとノズル

    Amazonセールの激安マイナスイオン機能付き1300Wヘアドライヤーの使用感をレビュー!

  9. PCのUSB接続外付けストレージ、SSD?HDD?どの製品を選ぶべきなのか?

    PCのUSB接続外付けストレージ、SSD?HDD?データ保存はどの製品がオススメなのかを解説!

  10. アイリスオーヤマのリンサークリーナー RNS-300

    アイリスオーヤマのリンサークリーナー RNS-300のレビュー!布製品を丸洗い!

  11. QING CAOQINGと国内メーカー製ケーブルの比較

    高画質映像を長距離伝送!QING CAOQING 光ファイバーHDMI ケーブル 10mのレビュー

  12. クリニカADNSハブラシ4列コンパクトふつう

    歯磨き時のブラッシングの圧力が強すぎる人のチェック用にオススメ!クリニカPRO ハブラシ アラームハンドル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 石巻川開き祭り花火大会 ミュージックスターマイン

    石巻川開きまつり花火大会は2024年8月3日に開催!ブ…

  2. 2018年 おおさき花火大会 ミュージックスターマイン

    打ち上げ数5000発!おおさき花火大会は2024年8月2日…

  3. 2023年 第76回塩竈みなと祭前夜祭花火大会の観覧レポ | 宮城県塩釜市

    塩竈みなと祭前夜祭花火大会は2024年7月14日に開催 |…

  4. わたりふるさと夏まつり花火大会

    【随時更新】宮城県内で2024年に行われる予定の花火…

  5. 2023年 長岡まつり大花火大会 復興祈願花火フェニックス

    日本三大花火 長岡まつり大花火大会は2024年8月2日と…

  6. 2023年 大曲の花火 全国花火競技大会 大会提供花火

    大曲全国花火競技大会は2024年8月31日に開催!有料観…

  7. 2022年 第39回 協和七夕花火

    協和七夕花火は2024年7月6日に開催!女流花火作家競…

  8. モバイル端末でウェブサイトをスクロールできない問題を解決したサムネイル画像

    モバイル端末でウェブサイトのスクロールが止まる原…

  9. 90系ヴォクシーハイブリッドの搭載した15Lの車載ポータブル冷凍冷蔵庫のサムネイル画像

    ポータブル冷凍冷蔵庫でキャンプやドライブ、震災等…

  10. 湯殿山総本寺 瀧水寺大日坊の本殿

    即身仏「真如海上人」を安置する湯殿山総本寺 瀧水寺…

楽天トラベルのバナー画像

よく読まれている人気記事ランキング




Amazonトップページバナー
楽天モバイルアフィリエイト