動画と写真のXMLサイトマップもインデックス可! Ultimate Google XML Sitemaps Generator Proのレビュー

Ultimate XML Sitemaps Generator for Googleのインストール

記事やGoogleニュース、写真や画像の他、YouTube動画にも対応した動画のXMLサイトマップまでGoogleサーチコンソールに送信して検索インデックスさせる事が出来る、WordPress用多機能プラグインUltimate Google XML Sitemaps Generator Proのレビューです。

YouTube動画のXMLサイトマップもインデックス可! Ultimate Google XML Sitemaps Generator Proのレビュー

XMLサイトマップ送信プラグインの事

Google検索やyahoo Japanなどの検索エンジンに、ウェブサイトの存在を知らせて検索欄に作成したウェブサイトを表示させる事が出来るXMLサイトマップ作成プラグインですが、記事や画像は比較的容易に表示させられる事が出来てもYouTube動画に関しては、正しくXMLサイトマップを送信する事が出来ないプラグインが多い傾向にあります。

WordPress用の動画サイトマップ作成プラグインではGoogle XML Sitemap for Videosなどが元々存在していても、最終更新日が10年前とかなり古く、現在のWordPressのバージョンに対応できていないものばかりでした。

今まで使用した動画サイトマップ作成プラグインに挙動についてまとめました。

  • Google XML Sitemap for Videos
    最終更新が10年前で最後にテストを行ったのが、WordPressバージョン3.5.2とかなり古いサイトマップ作成プラグインです。インストールや設定は出来なくもないですが、投稿一覧などの表示が極端に遅くなるような不具合が発生しておりました。
  • Yoast SEO
    SEO対策のプラグインとしては、かなり人気があるプラグインです。こちらでも動画サイトマップを作成する事は出来ますが、動画サイトマップ作成は有料であるのと、当サイトのように元々meta taitleとmeta descriptionを入力する項目があるワードプレステーマでは、同じ機能が競合してしまうため、ほぼ使用しませんでした。
  • XML Sitemap Generator for Google
    比較的更新頻度が高く最新バージョンのWordPressにもすぐに対応してくれるシンプル設計で無料のXMLサイトマップ作成プラグインです。画像や動画のサイトマップも送信できるっぽいのですが、あまりにもシンプルすぎるというか、Google XML Sitemapsの後継プラグインらしい。 動画のXMLサイトマップって送信できたっけ?
    あと、筆者が使用しているWordPressテーマ(TCD GENSEN)との相性の問題なのか、インデックスされない不具合も多くて2年前ぐらいから使用をやめております。
  • Sitemap Pro by BestWebSoft
    旧Google XML Sitemapsの不具合が発生していたのと、動画のXMLサイトマップを送信するために導入したXMLサイトマップ作成プラグインです。 記事のインデックスがとても早く、XMLサイトマップの作成を除外するカテゴリの指定なども出来る高機能さから長期間使用を続けておりました。
    記事と画像については正常に表示されるのですが、動画のXMLサイトマップについてはWordPressのメディアに直接アップロードした動画のみで、YouTubeなどの動画SNSサイトにアップロードして貼り付けた動画には対応していませんでした。
  • Udinra Sitemap Pro
    記事ではなく、画像と動画のXMLサイトマップを作成する事に特化したワードプレスプラグインです。YouTube動画のXMLサイトマップを送信しているような様子もなく、バージョンによっては不具合があったりなど、少々イマイチな印象が多かった有料プラグインです。

サーチコンソールで認識出来ているのであれば、Yoast SEOやAll in One SEO Packなどが良いのかもしれませんが、WordPressテーマのTCD GENSENと競合してしまう機能があるのと、他のプラグインについては有料無料問わず動画のXMLサイトアップ作成機能が正常に動作していない印象を受けました。

Ultimate XML Sitemaps Generator for Googleのインストール

Ultimate XML Sitemaps Generator for Googleのインストール
まず無料版のXMLサイトマップ作成プラグインである、Ultimate XML Sitemaps Generator for Googleをインストールします。
無料版であっても記事のXMLサイトマップ作成などの基本的な機能は使用できますが、画像のXMLサイトマップ作成の一部の機能と、YouTube動画のデータを取得するYouTube APIとの連携など、XMLサイトマップを作成する上で便利な機能がロックされている状態となっております。

今回は有料版のUltimate Google XML Sitemaps Generator Proを使用する前提でのインストールでしたが、Ultimate Google XML Sitemaps Generator Proをインストールしたとしても、無料版のUltimate XML Sitemaps Generator for Googleは削除せずにそのまま使用します。

Ultimate XML Sitemaps Generator for Googleのインストール
画像サイトマップや動画サイトマップの一部の機能、XMLサイトマップを作成するカテゴリなど、一部の機能が制限された状態となっておりますね。
こちらの機能制限は有料版をインストールしてアクティベーションコードを入力する事で解除されます。

Ultimate Google XML Sitemaps Generator Proの購入

Ultimate Google XML Sitemaps Generator Proの購入
無料版に表示されているPremiumやBuy Nowをクリックすると、有料版プラグインであるUltimate Google XML Sitemaps Generator Pro購入ページを表示する事が出来ます。
ワードプレスの有料プラグインは、使えるのか使えないのかも分からないまま、誰かが人柱にならないといけない場合が多く、Ultimate Google XML Sitemaps Generator Proに関しても同様です。

今までまともにYouTube動画のXMLサイトマップを作れなかったのは、APIを使わなかったから?という感じで、もしかしたらまともに使えるんじゃないか?という思いで購入いたしました。

1年ごとに更新するプランと永続利用できる2つのプランとサイト数によって違う料金が表示されていますが、サブドメインで3サイト運営しているので、5サイトの永続利用を購入いたしました。
サブドメインなら分からないんじゃないかと思ったけど、別のプラグインの有料プランでは分かっていたらしい。使った分きっちりと引き落とされていました。

ちなみに永続利用にしたのは、サブスクの製品が増えすぎてプラグインぐらいであれば忘れてしまう事があるからです。
旧有料プラグインでは更新がある事をすっかり忘れていました。

Ultimate Google XML Sitemaps Generator Proの購入
PayPalにドルを貯めこんでいたけど、円安になったからといって特にメリットもなく、現在の1ドル138円に対して1ドル132円ぐらいにしかならないようなので、日本円に換金しないでそのまま使っちゃいました。

スプレッド大きすぎや・・。

Ultimate Google XML Sitemaps Generator Proの購入はクレジットカードまたはPayPalが使用出来ます。
無事に支払いが終わると、購入時に登録したメールアドレスにライセンスキーとログインアカウントなどが記載されたメールが送られてきます。


Ultimate Google XML Sitemaps Generator Proのインストール

先ほどのメールに記載されていたダウンロードリンク(Download the Plugin’s Premium Version)からダウンロードした、Ultimate Google XML Sitemaps Generator Pro本体をWordPressサイトのプラグイン新規追加で通常通りにインストールします。
無料版は有料版と連携されるようになっているので、削除しないようにしてください。

Ultimate Google XML Sitemaps Generator Pro
インストールが完了して有効化をクリックすると、ライセンスキーを記入するページが表示されますので、ここに先ほどのメールに記載されていたライセンスキーをコピペします。
「ライセンスを有効化」をクリックすれば、Ultimate Google XML Sitemaps Generator Proを使用する準備が整います。

セキュリティと機能のアップデートの項目については、何かあった時のために「はい」にしておいた方が良いとは思いますが、マルチサイトの場合は一つだけ「はい」にして残りは全て「いいえ」で大丈夫です。

Ultimate Google XML Sitemaps Generator Proの設定

ライセンスが有効化出来たら、Ultimate Google XML Sitemaps Generator Proの基本設定を行います。
無料版ではBuy NowやPremiumと表示されて無効化されていた項目が有料版では全て解除されておりますね。

これでUltimate Google XML Sitemaps Generator Proの全ての機能が使用出来る準備が整いました。

Generalの設定

Ultimate Google XML Sitemaps Generator Proの設定
Generalの設定では、robot.txtの出力やpingの自動送信、XML SitemapやHTML SitemapのURL指定を行いました。
General Settingはrobot.txtへの出力と、Google・Yahoo・Ask・Bingへのping送信についての設定なので、2つともチェックします。

XML SitemapのURLについては、元々使用していたXMLサイトマップ作成プラグインのURLとの競合を避けるために、デフォルトのsitemap.xmlから変更してsitemaps.xmlに変更をいたしました。
万が一機能が不十分で使えなかったり、サーバーキャッシュが残っていて、更新されない等の不具合を避けるためですので、同じURLのプラグインを使用していなかった場合はデフォルトのままで大丈夫です。

HTML Sitemapは元々使用していなかったので、デフォルトのままチェックを入れました。

Additional URLsは、XMLサイトマップに含めたい外部URLを入れたい場合に使用します。

Ultimate Google XML Sitemaps Generator Proの設定
Posts Priorityはデフォルトのままにしておかないと、コメント数などで優先度が変えられてしまうため、Do not use Priority calculationにチェックして、Sitemap Optionsの設定内容を有効にします。

Sitemap Optionsは、XMLサイトマップに含める項目の設定となっていますので、含めたい場合は「Include」、除外する場合は「Exclude」に設定し、更新頻度や優先順位を設定します。
旧Google XML Sitemapsと同様にあくまで目安程度にしかならないと思いますが、更新頻度が高いウェブサイトはPostsの優先順位と更新頻度を高くしておけば良いでしょう。


Google Newsの設定

Ultimate Google XML Sitemaps Generator ProのGoogle News設定
Ultimate Google XML Sitemaps Generator Proでは、Google NewsへXMLサイトマップ送信設定も行えます。
個人サイトでは、Googleニュースに掲載される事は無いと思いますが、一応各項目の説明です。
Publication Nameには、Googleニュースで表示されるウェブサイトの名前を入力します。
Automatically ping google news every dayは、GoogleニュースにPingを毎日送信する設定なのでチェック、Ping Google News when Post Status changedは投稿ステータスが変更になった時にPingを送信する設定なのでチェックを入れます。
Google News Publisher Centerで正しく設定を行えばGoogleニュースへXMLサイトマップを送信する準備が完了です。

Google News URLは、googleニュースに掲載するための専用のXMLサイトマップとなりますが、初めて使用する方がほとんどだと思うので、デフォルトのgoogle-news.xmlのままにしておきます。
Keywordsは、タグを設定していない場合は何も表示されなくなってしまうため、カテゴリーを指定しておきました。

Stock tickersは、株価に関する表示を行っているビジネス関連の記事でよく見かけるものらしいのですが、暗号資産の記事であったような気もするので、一応チェックを入れておきました。
多分、普通のサイトはチェック無しで大丈夫です。

Excludeでは除外する投稿の指定と、Content OptionsではGoogleニュースのXMLサイトマップに含めるカテゴリや投稿タイプを指定します。
ここは、Postsだけで大丈夫でしょう。

KeywordsとStock tickersは記事ごとに個別で設定する事も出来ます。

Media Sitemapsの設定

Ultimate Google XML Sitemaps Generator ProのMedia sitemapsの設定
Media Sitemapsの設定はこのプラグインの最も重要な部分でしょう。
もちろんMedia Sitemapsが正常に機能していないのであれば、他のプラグインでも何でも良いですから・・。

という事で、Image Sitemapは画像のXMLサイトマップを作成する項目です。
重複が無ければデフォルトのimage-sitemap.xmlのまま、Enable Image sitemapでXMLサイトマップの作製を有効にし、Image MIME Typesの全てにチェックを入れ、Featured Imagesにもチェックを入れます。
Featured Imagesって何?とは思いましたが、アイキャッチ画像の事なのでしょう。
Ultimate Google XML Sitemaps Generator Proだから特別という事もないのですが、一番新しい画像形式であるWEBPもサーチコンソールに認識させる事が出来ます。

Video Sitemapは、動画のXMLサイトマップを作成する事が出来る項目です。
無料のプラグインや一部のプラグインでは正常に機能しない事も多い項目ですが、果たしてどうでしょう?

Enable Video Sitemapにチェックを入れて、video sitemap URLはデフォルトのvideo-sitemap.xmlを使用するか任意のURLで記入いたします。

YouTube DATA API V3
Google Cloud Platformで新規プロジェクトを作成し、APIとサービス>ダッシュボードをクリック、APIとサービスの有効化をして、APIライブラリからYouTube DATA API V3を選択します。
左側のメニューから 認証情報を選択して、 認証情報を作成>API キーの順にクリックするとAPIキーを取得できますので、コピペします。
その後、キーの制限が設定できるようになるので、APIキーの制限と名前変更でAPIの制限でキーを制限にチェックを入れ、YouTube Data API v3を指定して最後に保存をクリックします。

何となくやったら出来たので、ここは他の方のウェブサイトの方が分かりやすいかもしれません。
ここで取得したYouTube Data APIキーを、Video Sitemap設定のYouTube Data API Keyの項目にコピペしたら、WordPressサイトに埋め込んだYouTube動画のXMLサイトマップを取得できるようになります。

Image & Video Content Optionで動画と画像のXMLサイトマップに含めるコンテンツを指定します。
ここは基本的に記事に埋め込んだ動画が多いと思うので、記事だけの場合はPostsをIncludeに、固定ページにも埋め込んでいるのであればPagesもIncludeに指定します。


Advancedの設定

"Ultimate Google XML Sitemaps Generator ProのAdvanceの設定
Advancedでは、XMLサイトマップの読み込みを早くするキャッシュの設定が行えます。
特に画像のXMLサイトマップや動画のXMLサイトマップは読み込みが遅くなってしまう傾向がありますので、Enable Sitemap Cacheにチェックを入れておいた方が良いでしょう。

Cashe timeoutは、デフォルトの24時間のままに設定しましたが、何かしらの不具合があれば時間を変更しても良いかもしれません。

Smart Cashingはサイトマップのデータ収集速度を向上させるための機能です。
clear cache when page/post created or updateにチェックを入れましたが、投稿の作成時にキャッシュをクリアする設定となっていますので、サーチコンソールに更新データが反映されない場合は設定しておいた方が良いと思います。

全ての設定が完了しましたら、Ultimate Google XML Sitemaps Generator Proで作成したXMLサイトマップのURLを、GoogleサーチコンソールやBingウェブマスターツールの新しいサイトマップの追加に全て入力して認識させます。
これでUltimate Google XML Sitemaps Generator Proを使用してGoogleやBingなどのサーチエンジンにウェブサイトを検索登録するための設定は完了です。

動画のXMLサイトマップも作成できました

Ultimate Google XML Sitemaps Generator ProのImage Sitemaps
画像のXMLサイトマップを見てみると、記事に貼り付けた画像が全てXMLサイトマップ上にずらーっと表示されています。
サーバーキャッシュやブラウザキャッシュを設定して、遅延読み込みまで設定していると途中で途切れたり不完全なXMLサイトマップが作成されてしまうプラグインもある中で、欠損無しで作成されるのはかなり優秀ですね。

Ultimate Google XML Sitemaps Generator ProのVideo Sitemaps
動画のXMLサイトマップも記事に貼り付けたYouTube動画がしっかりと表示されていました。
本音を言えば、YouTube動画のmeta descriptionじゃなくて、ウェブサイトの記事からmeta descriptionを拾って欲しかったのですが、何も表示されないよりは良いでしょう。

この記事の画像のXMLサイトマップのURLがバラバラなのは実は理由がありまして、blog.japan-videography.comの動画サイトマップが、なかなか作成されなかったのです。
色々調べても解決せず、数日様子を見るつもりでいましたが、どうやらYouTube Data API V3の1日あたりの使用上限に当たって、最初に作った動画サイトマップの途中から停止していたらしい。

2日目になって無事にblog.japan-videography.comの動画サイトマップが正常に作られていたので、ワードプレスサイトに貼った動画の数が多く、YouTube Data API V3の使用量上限を増やす申請をしていない場合には、数日様子を見るつもりでいた方が良いでしょう。

Google検索へのインデックスですが、まず最初にAMPページが記事公開後2時間ぐらいでモバイル検索の上位に表示されていたので、インデックス速度は結構早い方だと思います。
その後少し遅れてPC版のGoogle検索にも表示されておりました。

GoogleサーチコンソールやBingウェブマスターツールでも、今回送信したサイトマップを認識出来ていますので、今までやりたかった事の全てが、このプラグインで全て解決する事が出来ました。
また、以前使用していたSitemap Pro by BestWebSoftがPHP8に対応しておらず、なかなかPHP7.4から抜け出せない状態でもありましたが、Ultimate Google XML Sitemaps Generator Proを導入する事により、Xサーバーで推奨しているPHP8.0.25にバージョンアップさせる事が出来ました。
もし画像や動画の記事が多いウェブサイト運営者様は、Ultimate Google XML Sitemaps Generator Proを使ってみるのも良いのではないでしょうか?


最後にサーチコンソールでサイトマップ重複対策も

WordPress 5.5から導入されたWordPress標準XMLサイトマップとの重複対策を行わなければいけません。
WordPress標準で実装されたXMLサイトマップ送信機能は、検索エンジンにインデックスさせるための最低限の機能しかありませんので、これを有効化していると検索ランキングにも影響してSEO対策的にもあまりよくありません。
301リダイレクトで重複を避ける場合は以下のコードを.htaccessに記載します。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^wp-sitemap.xml$ https://example.com/sitemaps.xml [L,R=301]
</IfModule>

もしくは、元々<IfModule mod_rewrite.c>から</IfModule>までのコードがあれば、</IfModule>の上にRewriteRule ^wp-sitemap.xml$ https://example.com/sitemaps.xml [L,R=301]を挿入する事で、WordPress標準サイトマップとの重複を避けられます。

それが難しい場合は、Disable WP Sitemapsを導入する事で、WordPress標準のWP-Sitemaps.xmlを無効化する事が可能です。
Disable WP Sitemapsは、たった2行しかないプラグインなので、導入したとしても動作が重くなる事も無いので、オススメです。


YouTubeチャンネルのご紹介

Youtubeチャンネルでは、日本国内各地の美しい四季の風景、ネイチャービデオ、花火大会やイベント・お祭り等、クリスマスイルミネーションや夜景、星景タイムラプス映像、Vlog、飛行機や新幹線などの乗り物等の映像をライブラリー化し、世界各地に発信しております。
また、不定期で花火大会やイベントのライブ配信も実施中!
下のYouTubeアイコンからチャンネルを表示していただき、チャンネル登録後に通知をオンにしていただくとライブ配信の通知が受け取れます!
もちろん動画URLや埋め込みタグを使用したウェブサイトへの埋め込みやSNSでのシェアもOKです!
YouTube チャンネルリンク
各種SNSを運営中!フォローや登録はこちら!
YouTubeチャンネル
Bluesky
Fecebook
threads
instagram

関連記事

  1. ウェブサイト管理者向け!汚い美容系広告だけをブロックして収益を減らさず離脱率を下げる方法

    ウェブサイト管理者向け!汚い美容系広告だけをブロックして収益を減らさず離脱率を下げる方法

  2. WordPress 常時SSL化とサブディレクトリからサブドメインへの301転送設定

    WordPress 常時SSL化とサブディレクトリからサブドメインへの301転送設定

  3. エックスサーバー 2024年のハードウェア増強

    Xサーバーがハードウェアを増強したので、新サーバー簡単移行でお引越し!

  4. 記事の最後に定型文を自動表示するWord Pressプラグイン!Add Widget After Content

    記事の最後に定型文を自動表示するWordPressプラグイン!Add Widget After Content

  5. WordPress Popular Postsのサムネイル

    ワードプレスで人気記事ランキングを表示するプラグイン WordPress Popular Posts

  6. Xサーバーの高速化設定ページのサムネイル

    エックスサーバーの高速化設定!レンタルサーバーのパフォーマンスを向上して快適に!

  7. TCD ワードプレステーマGENSEN 検索フォーム

    検索機能が高性能すぎるWordPressテーマ! TCD GENSENでSEO対策がオススメ

  8. WordPressでブログ記事を書いて5か月目 157記事のPV数や収益を公開!

    WordPressでブログ記事を書いて5か月目 157記事のPV数や収益を公開!

  9. WordPress ブログ記事を書き始めて7ヶ月目のアクセス数や収益は?

  10. Googleサーチコンソールへの登録

    Google サーチコンソールへのXMLサイトマップ登録と使用方法

  11. Wordpressでブログ開設して2ヶ月目の記事数、アクセス数や収益は?

    WordPressでブログ開設して2ヶ月目の記事数、アクセス数や収益は?

  12. WordPressサイトのレイアウト崩れ修復方法

    WordPress管理画面のレイアウト崩れの簡単な修正方法!原因はレンタルサーバーの高速化機能

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 秋田のあじさい寺・雲昌寺の参道

    アジサイ寺・雲昌寺で2024年6月8日から「あじさい観…

  2. 秋田県大仙市 余目公園の桜

    桜の名所 余目公園 (あまりめこうえん) | 秋田県大仙…

  3. 宮城県栗原市一迫山王史跡公園あやめ祭り

    一迫山王史跡公園あやめ祭りを2024年6月13日から開催…

  4. 多賀城跡あやめ園 ライトアップ

    多賀城跡あやめまつりは、2024年6月15日から開催!光…

  5. 新潟県三条市 しらさぎ森林公園 花菖蒲まつり

    2024年6月10日から開催予定!しらさぎ森林公園で花菖…

  6. 五十公野公園 しばたあやめまつり

    五十公野公園 しばたあやめまつりは、2024年6月12日…

  7. おながわみなと祭り 海上花火大会 芳賀火工 音楽花火

    海上獅子舞や花火大会が行われる、おながわみなと祭…

  8. Flying Scriptsで高速化する前後のPagespeed Insightsのスコア比較

    WordPress高速化 アドセンス自動広告等のJavaScript…

  9. クリニカADNSハブラシ4列コンパクトふつう

    歯磨き時のブラッシングの圧力が強すぎる人のチェッ…

  10. SmallRig ARRI互換ダブテールプレート -3770とBMPCC6Kと500mmレンズ

    動画撮影時のブレを抑えてカメラの脱着も簡単なSmall…

よく読まれている人気記事ランキング

YouTube チャンネルリンク