エックスサーバーの高速化設定!レンタルサーバーのパフォーマンスを向上して快適に!

Xサーバーの高速化設定ページのサムネイル

レンタルサーバーのエックスサーバー(Xサーバー)の設定を変更して、ウェブサイトの表示やPHPプログラムの処理を高速化し、ストレスのない読み込みを可能にする設定を2024年版でまとめました。この記事ではXアクセラレータやサーバーとブラウザのキャッシュ、XPageSpeedやJITを紹介します。

エックスサーバーの高速化設定!レンタルサーバーのパフォーマンスを向上して快適に!

Xサーバーの高速化設定について

レンタルサーバーを契約して、ウェブサイトを運営する時はワードプレスをインストールする事が多いと思いますが、プラグインやアドセンス広告を導入していくと、極端にページの表示が遅くなってしまう事があります。
ウェブページの読み込みが遅くなると、読み込みを待ちきれなかったユーザーの離脱率が高くなり、読み込み時間が1~3秒の場合の離脱率は32%、1~5秒の場合は90%、1~6秒の場合は106%と、上昇して行く事が報告されています。

特に近年は格安SIMの人気の高まりで、回線の通信量がより少ない読み込みが求められている他、通信量が無制限になる低速モードの使用で、読み込みが早いウェブサイトの制作が求められるようになってきました。

筆者の環境ではGoogle検索でも評判が良かったエックスサーバーを契約しているのですが、SEO(検索エンジン最適化)に有利なウェブページの表示高速化機能を標準でサポートし、無効にしている時よりもWordPressで10倍の速度向上が達成できている設定もサーバーパネルで出来るようになっております。

この記事では、WordPressサイトの読み込みも可能になる標準の高速化設定の他、PHP8以降でサポートし、デフォルトでは無効になっているOpcache JITの設定をご紹介します。

GZIPやBrotil圧縮はデフォルトで設定されている

XサーバーのBrotil圧縮が有効化されている様子を記録したテストページ
以前は.htaccessにコードを記述してGZIPでテキストファイルに属するものを圧縮する事により、ウェブサイトの読み込みを高速化する事が有効とされていましたが、Xサーバーはいつの間にかGZIPよりも圧縮率が高いBrotil圧縮が標準で有効になっていました。
そのため、Xサーバーに関してはGZIPやBrotil圧縮のためのコードの記述は不要になっております。

Xサーバーは元々応答が早い方のサーバーなので、効果は微々たるものだったからこそ、変化に気付かなかったのかもしれません。

PHPのバージョンは安定版がオススメ

Xサーバーの最新PHPバージョンよりも安定したPHPバージョンを選択
エックスサーバーは、最新でPHP8.2にも対応しているのですが、WordPress本体やプラグイン、またはサーバー自体が完全に対応をしていなかったのか、読み込みの遅延や504エラーなども発生しておりました。
全体的に発生していた問題ではなく、ページによって発生したりしなかったりという不具合だったので、速度を追い求めるよりも安定しているバージョンで離脱率を増やさない方が望ましいです。

Xアクセラレータは可能であればVer.2で高速化

XサーバーのXアクセラレータ設定画面
Xサーバーの高速化設定では、Webサイトを高速・安定化させるための機能である「Xアクセラレータ」が利用できます。

  • Xアクセラレータ Ver.1… 静的ファイルの高速化(キャッシュ)
  • Xアクセラレータ Ver.2 … 静的ファイルの高速化(キャッシュ)+PHPプログラムの高速化

静的ファイルの高速化は、画像や動画ファイルなどを含む静的ファイルのキャッシュをサーバーに保持して、サイトの高速化と同時アクセス数の拡張が行われる機能です。

XアクセラレータVer.2で有効化になるPHPプログラムの高速化は、PHP7.2以降のバージョンにおいて、処理速度を最大で20倍まで向上させる機能です。

WordPressの場合は20倍にまでは速度が向上しないらしいのですが、可能であればXアクセラレータVer.2を有効にしておくと、ウェブサイトの表示高速化が可能になります。
Ver.1以上にVer.2はワードプレスのバージョンの他、テーマやプラグインによっては表示崩れなどの不具合を発生させやすい高速化機能なので、有効にした後は管理画面やウェブサイトのチェックをして不具合が無いか確認をしておくと良いでしょう。

PHP8.2.9とXアクセラレータVer.2の組み合わせでは、ページよって504エラーや管理画面の崩れが発生していたため、PHP8.1.22に戻したら安定するようになりました。


サーバーキャッシュ設定もONにして高速化

Xサーバーのサーバーキャッシュ設定画面
「サーバーキャッシュ」を有効化することで、WEBサイト上のすべてのファイルをキャッシュして、高速化と同時アクセス数の拡張が行われます。

ECサイトやログインしたユーザーにのみコンテンツを表示するサイトなど、特定のユーザーや特定の環境のみに公開を制限しているコンテンツデータ等がある場合、 本来広く公開されていないはずのデータがキャッシュされ、意図しないユーザーがそれらのデータへアクセス可能となってしまうことがありますので、ご注意ください。

ブラウザキャッシュ設定もONにして転送量を削減

Xサーバーのブラウザキャッシュ設定画面
ブラウザ側でのキャッシュ利用を指示するレスポンスヘッダ(Expires, Cache-Controlヘッダ)の出力を付加します。
同一ファイルへの再アクセス時にはブラウザ側のキャッシュファイルが利用され、表示速度の向上や転送量の軽減を行うことができます。

表示崩れや読み込み遅延などの不具合が発生しなければ、CSSやJavaScriptを含む全ての静的ファイルに対してキャッシュする推奨設定をONにしておくと良いでしょう。


XPageSpeed設定は特に慎重な設定が必要

エックスサーバーのXPagespeed設定画面
もう一つの高速化設定機能であるXPageSpeedの設定も慎重な選択が必要です。
PHPやWordPressバージョン次第では、モバイル表示でスクロールできなくなったり、ハンバーガーメニューがタップできなくなったりなど、不具合が発生した時もありました。

特にCSS遅延読み込みやJavaScript遅延読み込みでは不具合が発生しやすいのでご注意下さい。

不具合が少なかったオススメ設定は以下のようになっています。

設定項目説明状態
画像最適化最適な画像タイプへの変換と画像サイズを圧縮することで画像の読み込み速度を向上させます。OFF
画像遅延読み込み画像の読み込みをコンテンツ表示後に行うことでページの読み込み速度を向上させます。ON
CSS最適化複数のCSSをまとめてコンテンツ内容に適応した形に変換することでページの読み込み速度を向上させます。ON
CSS遅延読み込み一部のCSSの読み込みをコンテンツ表示後に行うことでページの読み込み速度を向上させます。ON
JavaScript最適化複数のJavaScriptをまとめてコンテンツ内容に適応した形に変換することでページの読み込み速度を向上させます。ON
JavaScript遅延読み込みJavaScriptの読み込みをコンテンツ表示後に行うことでページの読み込み速度を向上させます。OFF

画像最適化については、画像ファイルを全てWebPで書き出しをしてからアップロードしていたため、この設定は無効にしておきました。
画像最適化に限らず画像圧縮プラグインでも、画質の劣化やカラープロファイルの無効化による色の変化なども見受けられましたので、手間はかかってもsRGBで出力した画像を改めて用意するのが望ましいです。

CSS遅延読み込みも、ワードプレスのバージョンによってはスクロールが出来なくなる不具合も発生しておりましたがその後解消。
JavaScript遅延読み込みは特にファーストビューで問題が発生しやすく、ハンバーガーメニューや検索フォームが表示されない不具合が発生しました。
何も問題が無ければ両方ともONを選択しても良いですが、経験上は特にJavaScript遅延読み込みで何かしら不具合が発生します。


OPCache JITを設定して高速化

PHP5.1以降でFastCGI、PHP5.5以降でOPcacheが常時ONになり、設定を変更できない仕組みになっております。

「FastCGI」とは、プロセス初回実行時に該当プロセスを一定時間サーバー内に保持することで、次回以降、実行時の「プロセスの起動/終了」を省略し、高速化や、プロセスの起動/終了に伴うCPUへの負荷を軽減することで、速度面で優れるとされるモジュール版PHPと同等の処理能力を持つ動作方式です。
また「OPcache」とは、PHPの初回実行時に、PHPの内容を最適化した状態でキャッシュしておき、次回以降、同じPHPにアクセスがあった際にキャッシュを利用することで、PHP実行時のCPU負荷の軽減や、PHPの大幅な高速化を図るPHPの拡張モジュールです。

しかし、Xサーバーのマニュアルには以下の画像のような案内が記載されております。
Xサーバー Opcache JITの無効化の案内

PHP8.0以降では、OPcacheの拡張機能として「JIT」という高速化機能が選択できるようになっているのですが、 同じPHPにアクセスがあった際にキャッシュを利用することで、PHP実行時のCPU負荷の軽減やPHPの大幅な高速化を図るPHPの拡張モジュールなのです。
Xサーバーでは、この機能が標準で無効になっておりますので、PHP.iniにコードを記述して有効にしないと使用する事が出来ません。

[Zend Optimizer]
zendextension = opcache.so
;opcache.jit = off

[JIT]
zendextension = opcache
opcache.enable = 1
opcache.jit = on
opcache.jitbuffersize = 128M

Xサーバー PHPini直接編集
※PHP.iniを直接編集するので、記述を追加する前に内容をバックアップしておいてください。

Zend Optimizerのopcache.jitをコメントアウトして、その下にOPcache JITを有効にする内容を追加いたします。

設定の変更後にphpinfo.phpで確認をしたら、JITが有効になっている事を確認できました。
phpinfo.phpでJITの有効化の確認
この方法はあまりオススメはしませんが、もしphpinfo.phpで確認をしたら速やかにファイルを削除するようにして下さい。
一時的にでも公開状態にしておくと、セキュリティリスクになりやすいのだそうです。


高速化設定をした後のPageSpeed insightsのスコア

Xサーバーで高速化設定をしたページのPagespeed insightsのスコア
ワードプレステーマTCDは、タイトルの<h1>を嫌ったり表示を変更をしたがらない所もあって、ユーザー補助やSEOのスコアはあまり上がらない傾向があるのですが、Googleアドセンスやアフィリエイトリンクを貼って、画像を15枚掲載しているモバイル向けページのパフォーマンススコアで81点です!

これ、すごくないですか?

正直な所は、自分でも驚いているのですが、以前使用していたAMP for WPで出力したページに近いスコアを、非AMPページで叩き出しているのです。

Xサーバーで高速化設定をしたページのPagespeed insightsのスコア

デスクトップのページではパフォーマンスで95点が出ていましたので、満点より少し低いぐらいのスコアになっております。
設定前のスコアは記録していなかったため、比較画像を準備できていなかったのが少々無念ではありますが、ここまでのスコアが出ていれば高速化設定の効果はとても大きかったと考えても良いでしょう。

この設定に辿り着くまで少々大変な道のりではありましたが、参考になったら是非実践してみて下さい!

スコアを計測したページは、以下のリンクカードで見る事ができます。
タイヤ交換に関する記事ですので、自動車を所有している方にはオススメの記事です。

また、Xサーバーの場合は、ハードウェアが増強されている最新のサーバーに引っ越しをしておくのもオススメです。

YouTubeチャンネルのご紹介

Youtubeチャンネルでは、日本国内各地の美しい四季の風景、ネイチャービデオ、花火大会やイベント・お祭り等、クリスマスイルミネーションや夜景、星景タイムラプス映像、Vlog、飛行機や新幹線などの乗り物等の映像をライブラリー化し、世界各地に発信しております。
また、不定期で花火大会やイベントのライブ配信も実施中!
下のYouTubeアイコンからチャンネルを表示していただき、チャンネル登録後に通知をオンにしていただくとライブ配信の通知が受け取れます!
もちろん動画URLや埋め込みタグを使用したウェブサイトへの埋め込みやSNSでのシェアもOKです!
YouTube チャンネルリンク
各種SNSを運営中!フォローや登録はこちら!
YouTubeチャンネル
Bluesky
Fecebook
threads
instagram

関連記事

  1. 肘をつき悩む女性 [モデル:Lala*]

    WordPress ブログ記事を書き始めて11ヶ月目のアクセス数は?収益は?SEOや書き方も!

  2. 記事の最後に定型文を自動表示するWord Pressプラグイン!Add Widget After Content

    記事の最後に定型文を自動表示するWordPressプラグイン!Add Widget After Content

  3. Flying Scriptsで高速化する前後のPagespeed Insightsのスコア比較

    WordPress高速化 アドセンス自動広告等のJavaScriptを読み飛ばすプラグインFlying Scripts

  4. udinra sitemap proの購入

    Udinra Sitemap pro|WordPress画像・動画サイトマップ作成プラグインの使用方法

  5. 2018年 第3回楽天イーグルス花火大会

    WordPressで記事を書いて6か月目 月間1万PV達成!アクセス数や収益は?

  6. WordPressでブログ記事を書いて4か月目 137記事のPV数や収益などを公開!

    WordPressでブログ記事を書いて4か月目 137記事のPV数や収益などを公開!

  7. WordPress 常時SSL化とサブディレクトリからサブドメインへの301転送設定

    WordPress 常時SSL化とサブディレクトリからサブドメインへの301転送設定

  8. WordPress ブログ記事を書き始めて10ヶ月目のアクセス数や収益は?

    WordPress ブログ記事を書き始めて10ヶ月目のアクセス数や収益は?

  9. WordPress プラグイン Google XML Sitemapsの設定・使用方法

    WordPress プラグイン Google XML Sitemapsの設定・使用方法

  10. Wordpressでブログ開設して2ヶ月目の記事数、アクセス数や収益は?

    WordPressでブログ開設して2ヶ月目の記事数、アクセス数や収益は?

  11. WordPressで記事を書いて3か月目 100記事のPV数やアドセンス収益を公開!

    WordPressで記事を書いて3か月目 100記事のPV数やアドセンス収益を公開!

  12. Word Pressプラグイン Your Channel

    Your Channel | Youtubeチャンネルを埋め込むWordPressプラグイン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 秋田のあじさい寺・雲昌寺の参道

    アジサイ寺・雲昌寺で2024年6月8日から「あじさい観…

  2. 秋田県大仙市 余目公園の桜

    桜の名所 余目公園 (あまりめこうえん) | 秋田県大仙…

  3. 宮城県栗原市一迫山王史跡公園あやめ祭り

    一迫山王史跡公園あやめ祭りを2024年6月13日から開催…

  4. 多賀城跡あやめ園 ライトアップ

    多賀城跡あやめまつりは、2024年6月15日から開催!光…

  5. 新潟県三条市 しらさぎ森林公園 花菖蒲まつり

    2024年6月10日から開催予定!しらさぎ森林公園で花菖…

  6. 五十公野公園 しばたあやめまつり

    五十公野公園 しばたあやめまつりは、2024年6月12日…

  7. おながわみなと祭り 海上花火大会 芳賀火工 音楽花火

    海上獅子舞や花火大会が行われる、おながわみなと祭…

  8. Flying Scriptsで高速化する前後のPagespeed Insightsのスコア比較

    WordPress高速化 アドセンス自動広告等のJavaScript…

  9. クリニカADNSハブラシ4列コンパクトふつう

    歯磨き時のブラッシングの圧力が強すぎる人のチェッ…

  10. SmallRig ARRI互換ダブテールプレート -3770とBMPCC6Kと500mmレンズ

    動画撮影時のブレを抑えてカメラの脱着も簡単なSmall…

よく読まれている人気記事ランキング

YouTube チャンネルリンク