WordPressのサブドメインサイト、常時SSL化とサブディレクトリからリダイレクトする301転送設定

WordPress 常時SSL化とサブディレクトリからサブドメインへの301転送設定

Xサーバーなどのレンタルサーバーで作成したWordPressサブドメインサイトの常時SSL化(https化)と、サブディレクトリからサブドメインへの301転送を正しく設定できる.htaccessのリダイレクトコードの入力方法をご紹介します。

WordPress 常時SSL化とサブディレクトリからサブドメインへの301転送設定

サブドメインでの運用のメリットについて

一つのドメインから二つ目以上のウェブサイトに分ける事が出来るサブドメインでの運用方法は、それぞれのサブドメインに別々のWordPressテーマを使用する事が出来る運用方法となっております。
以前は、メインのドメインからサブドメインへのSEO評価を受け継がないメリットもありましたが、同じドメインであれば、互いに評価を受け継いでしまう仕様に代わっているようです。
例えば、プロフィールや会社紹介などの内容が薄いページと、商品紹介やブログなどの内容が濃いページが混在しているウェブサイトを作ると、内容の薄いページが足を引っ張ってGoogle検索のランクが全体的に下がってしまう可能性があります。
しかし、サブドメインを使用して内容が薄いページと濃いページを2つのウェブサイトに分ける事でGoogle検索からは2つのサイトとして見られ、片方のウェブサイトの評価が低くてももう一つのウェブサイトの評価が下がらないというメリットがありました。

サーチコンソールの平均検索順位

サーチコンソールの平均検索順位

以前はYouTube動画の紹介とプロフィールページは平均掲載順位が34.2位で、ブログや商品紹介などをメインとしている内容が濃いサブドメインのサイトは16.7位となり、検索結果のパフォーマンスでは、別々の評価となっていました。

サブドメインとメインドメインの検索ランキングの違い

現在は、内容が薄いメインドメインサイトと内容が濃いサブドメインサイトのSEO評価がほぼ同じとなり、サブディレクトリでウェブサイトを構築した時と同じように、互いのSEO評価が引き継がれています。
サブドメインで複数のウェブサイトを切り分けるメリットというのは以前に比べるとかなり薄れてしまってはいるのですが、Google検索上では視覚的に別サイトであると認識できるようなメリットは残っています。

サブドメインでの運用のデメリットについて

このウェブサイトの運営にはXサーバーを使用しているのですが、WordPressサイトを増やそうとすると、サブディレクトリでの新規インストールかサブドメインを設定するのが基本となります。
また、一昔前は、httpのWebサイトでも常時SSL化(常時https化)したWebサイトでも評価は変わらなかったのですが、常時SSL化したサイトが優先的に上位にランク付けされるようになり、やがて常時SSL化に対応しなかったサイトは、主要なブラウザからは開けないように警告を表示するようにまでなりました。

Xサーバーは無料独自SSLを追加する事で常時SSL化に対応する事が出来るのですが、WordPressサイトを新規で作成をすると、SSL非対応のhttpで新規にサイトが作られるだけでなく、http://example.comとhttp://www.example.comの2つのURLからアクセスする事が出来る上に、常時SSL化に対応する事でhttps://example.comとhttps://www.example.comの合計で4つのURLからアクセス出来るようになります。

100ページのウェブサイトを運営しているのであれば、URLが違う400ページがサーチコンソールでインデックスされるようになり、内容が重複している300ページがインデックスから除外されて、ウェブサイト全体のランクが下げられてしまう事があります。

サブディレクトリでの運用をするのであれば、httpとwwwのある無しでURLをリダイレクトすれば良いのですが、サブドメインでの運用はさらにサブディレクトリからサブドメインへの転送設定もしなくてはいけなくなるので、さらに話がややこしくなってしまいます。

サブドメインでWebサイトを構築する際のサーバーパネル設定

エックスサーバーでサブドメインサイトを構築する場合は、先にサーバーパネルのサブドメイン設定からサブドメイン設定追加に関する項目を入力していきます。

エックスサーバーのサブドメイン追加設定の入力項目

現在のサブドメインサイトのURLはhttps://article.japan-videography.comとなっていますが、元々サブディレクトリのhttps://japan-videography.com/blog/とサブドメインのhttps://blog.japan-videography.comで運営をしていた事もあったので、途中まではそちらのURLを例として扱っていきます。

サブドメイン名を入力して、ドキュメントルートを設定後に確認をクリックすれば完了となりますが、ドキュメントルートは下の項目を選択しているのが、筆者の環境での設定となります。

この設定が終わって1時間が経過すると、サブドメインが有効になっているはずなので、WordPressの簡単インストールを行います。

エックスサーバーのWordPress簡単インストールのサブドメイン入力

WordPress簡単インストールのサイトURLでサブドメインを選択して、サブディレクトリを空欄にしたまま、他の項目も設定してWordPressのインストールを完了させておきます。


WordPressインストール後の一般設定

※example.comの部分は運用しているウェブサイトのドメインに書き換えて下さい。

.htaccessにコードを記述する前に、WordPressの設定でWordPressアドレスとサイトアドレスを、http://example.com/●●/やhttp://●●.example.comから、正規化後のURLになるhttps://●●.example.comに書き換えておきます。
301リダイレクトの設定をする前にこれをやっておかないと、サブドメイン化と常時SSL化したURLに転送されてしまって、ログインもアクセスも出来なくなる恐れがあります。

サブドメインのWordpress設定方法
当ウェブサイトのURLを、WordPressの一般設定でhttp://のURLからhttps://article.japan-videography.comに書き換えを行いました。

.htaccessを使ったサブドメインのURL正規化設定

最初はサブディレクトリからサブドメインにリダイレクトをするコードをサーバーパネルの.htaccess編集で記述したのですが、転送されないページが生じてしまったのもあって、なかなか上手く機能をしませんでした。

サブドメインの下層ページも含む全てのページで正しくURLの正規化をするのであれば、サブドメインのファイルマネージャにある.htaccessに直接リダイレクトコードを記述するのが一番手っ取り早かったです。
https://article.japan-videography.comであれば、ファイルマネージャのjapan-videography.com→public_html→articleにある.htaccessファイルの編集を開いて、以下のコードを記述します。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
#httpsにリダイレクト
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

元々サブドメインでの運用となりますので、wwwありをwwwなしに転送する設定は必要ありません。
上のコードをサブドメインの.htaccessに記述した場合は以下のようになります。

サブドメインの.htaccess設定 SSL対応とURLの正規化
ぼかし部分は、内部検索スパムと格闘中に追加したコードなので、あまり気にしないでください。
このコードを追加したら、下の更新をクリックして完了となります。

サブドメインを作ったとしても、このままではサブディレクトリのSSL化したURLであるhttps://japan-videography.com/article/からもアクセスできる状態になっているので、サブディレクトリからサブドメインに転送をするコードを、メインドメイン(https://example.com)の.htaccessに追記するか、サーバーパネルのリダイレクト設定で追加をします。

Redirect permanent /article/ https://article.japan-videography.com/

サーバーパネルの.htaccess設定で上のコードを記述しても301リダイレクト設定ができますが、サーバーパネルのリダイレクト設定追加で301リダイレクトの設定を行っても、上のコードが.htaccessに追加されるだけなので、どちらも同じ設定となります。
なので、簡単で失敗してしまう不安も無い、サーバーパネルのリダイレクト設定にある、リダイレクト設定追加で以下の内容を設定しちゃいましょう。

エックスサーバーのサーバーパネルリダイレクト設定
これで、サブディレクトリのhttp://japan-videography.com/article/とサブドメインのhttp:// article.japan-videography.comの全てのページをhttps://article.japan-videography.com/に統一をする設定が完了となりました。
また、下層ページのURLの例では、http://japan-videography.com/article/autoptimize/http:// article.japan-videography.com/autoptimize/にアクセスしても、正規のhttps://article.japan-videography.com/autoptimize/に転送されるようになりましたので、これで成功となります。


YouTubeチャンネルのご紹介

Youtubeチャンネルでは、日本国内各地の美しい四季の風景、ネイチャービデオ、花火大会やイベント・お祭り等、クリスマスイルミネーションや夜景、星景タイムラプス映像、Vlog、飛行機や新幹線などの乗り物等の映像をライブラリー化し、世界各地に発信しております。
また、不定期で花火大会やイベントのライブ配信も実施中!
下のYouTubeアイコンからチャンネルを表示していただき、チャンネル登録後に通知をオンにしていただくとライブ配信の通知が受け取れます!
もちろん動画URLや埋め込みタグを使用したウェブサイトへの埋め込みやSNSでのシェアもOKです!
YouTube チャンネルリンク
各種SNSを運営中!フォローや登録はこちら!

YouTubeチャンネル
X(旧Twitter)
Bluesky
Fecebook
threads
instagram

関連記事

  1. エックスサーバーとワードプレス URLの正規化 www無しhttpsに統一をする設定

    URLの正規化 www無しhttpsに統一をする設定 | 常時SSL化WordPressサイト×エックスサーバー

  2. Flying Scriptsで高速化する前後のPagespeed Insightsのスコア比較

    WordPress高速化 アドセンス自動広告等のJavaScriptを読み飛ばすプラグインFlying Scripts

  3. モバイル端末でウェブサイトをスクロールできない問題を解決したサムネイル画像

    モバイル端末でウェブサイトのスクロールが止まる原因はアドセンスの自動広告

  4. 内部検索スパム サーチコンソールの未登録件数

    目障りなSEO To66.Asia 内部検索スパムをRobots.txtでブロック!意地でもクロール禁止にしたい!

  5. サーチコンソールのエラー

    Word PressのXMLサイトマップ作成プラグイン!Sitemap Pro by BestWebSoftで確実にインデックス登録!

  6. 肘をつき悩む女性 [モデル:Lala*]

    WordPress ブログ記事を書き始めて11ヶ月目のアクセス数は?収益は?SEOや書き方も!

  7. Ultimate XML Sitemaps Generator for Googleのインストール

    動画と写真のXMLサイトマップもインデックス可! Ultimate Google XML Sitemaps Generator Proのレビュー

  8. WordPressで記事を書いて3か月目 100記事のPV数やアドセンス収益を公開!

    WordPressで記事を書いて3か月目 100記事のPV数やアドセンス収益を公開!

  9. WordPressでブログ記事を書いて4か月目 137記事のPV数や収益などを公開!

    WordPressでブログ記事を書いて4か月目 137記事のPV数や収益などを公開!

  10. XサーバーのXPageSpeedの設定

    TCD GENSENのヘッダーバー検索機能が使えなくなったけど対処法を発見!WordPressサイトのトラブル!

  11. WordPressサイトのレイアウト崩れ修復方法

    WordPress管理画面のレイアウト崩れの簡単な修正方法!原因はレンタルサーバーの高速化機能

  12. WordPressを高速化するプラグイン3選 サムネイル画像

    WordPressを高速化!95点から100点を取れる軽量爆速プラグイン!3選

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 本荘川まつり花火大会|6,000発の花火が彩る由利本荘花火大会の一つ|秋田県由利本荘市

    子吉川を彩る第72回本荘川まつり花火大会は、2024年7…

  2. 2023年 神明の花火 グランドフィナーレ

    神明の花火は2024年8月7日に開催!有料観覧席は残り…

  3. 2022年 わたりふるさと夏まつり花火大会のミュージックワイドスターマインの写真

    鳥の海公園で壮大な花火が楽しめる! わたりふるさと…

  4. 田瀬湖湖水まつり 水・空中花火大会

    田瀬湖湖水まつり 水・空中花火大会は、2024年7月27…

  5. ぎおん柏崎まつり海の大花火大会 尺玉100発一斉打上げ

    ぎおん柏崎まつり海の大花火大会を2024年7月26日に開…

  6. 新潟県上越市 高田城址公園観蓮会

    東洋一のハスの花の名所 高田城址公園観蓮会は、2024…

  7. 宮城県登米市 伊豆沼はすまつり

    遊覧船で蓮の花を観賞できる伊豆沼・内沼はすまつり…

  8. レーザーショーと花火が楽しめる2023年 忍野八海祭りの花火大会を観覧してきた! | 山梨県忍野村

    レーザーショーとの競演!忍野八海祭り花火大会は、2…

  9. 能代港疫病退散サプライズ花火

    能代の花火は2024年7月20日に開催!東北唯一の正3尺…

  10. 2023年 酒田の花火 グランドフィナーレ

    酒田の花火は、2024年8月3日開催!打上時間と幅は短…

楽天トラベルのバナー画像

よく読まれている人気記事ランキング




Amazonトップページバナー
楽天モバイルアフィリエイト