WordPress 常時SSL化とサブディレクトリからサブドメインへの301転送設定

WordPress 常時SSL化とサブディレクトリからサブドメインへの301転送設定

Xサーバーなどのレンタルサーバーで作成したWordPressサイトの常時SSL化(https)とサブディレクトリからサブドメインへの301転送を同時に.htaccessで設定する方法を紹介します。

WordPress 常時SSL化とサブディレクトリからサブドメインへの301転送設定

サブドメインでの運用のメリットについて

一つのドメインから2つのウェブサイトに分ける事が出来るサブドメインでの運用方法は、2つのサイト間の評価を引き継がない方法であるのと、それぞれのサブドメインに別々のWordPressテーマを使用する事が出来る運用方法となっております。
例えば、プロフィールや会社紹介などの内容が薄いページと、商品紹介やブログなどの内容が濃いページが混在しているウェブサイトを作ると、内容の薄いページが足を引っ張ってGoogle検索のランクが全体的に下がってしまう可能性があります。
しかし、サブドメインを使用して内容が薄いページと濃いページを2つのウェブサイトに分ける事でGoogle検索からは2つのサイトとして見られ、片方のウェブサイトの評価が低くてももう一つのウェブサイトの評価が下がらないというメリットがあります。

サーチコンソールの平均検索順位

サーチコンソールの平均検索順位

現在2つのウェブサイトに分けて運用しておりますが、YouTube動画の紹介とプロフィールページは平均掲載順位が34.2位で、ブログや商品紹介などをメインとしているサブドメインの内容が濃いウェブサイトは16.7位と、検索結果のパフォーマンスでは、別々の評価となっております。

サブドメインでの運用のデメリットについて

このウェブサイトの運営にはXサーバーを使用しているのですが、WordPressサイトを増やそうとすると、サブディレクトリでの新規インストールが基本となります。
また、一昔前は、httpのWebサイトでも常時SSL化(常時https化)したWebサイトでも評価は変わらなかったのですが、常時SSL化したサイトが優先的に上位にランク付けされるようになり、やがて常時SSL化に対応しなかったサイトは、主要なブラウザからは開けないように警告を表示するようにまでなりました。

Xサーバーは無料独自SSLを追加する事で常時SSL化に対応する事が出来るのですが、WordPressサイトを新規で作成をすると、SSL非対応のhttpで新規にサイトが作られるだけでなく、http://example.comとhttp://www.example.comの2つのURLからアクセスする事が出来る上に、常時SSL化に対応する事でhttps://example.comとhttps://www.example.comの合計で4つのURLからアクセス出来るようになります。

そうなると、100ページのウェブサイトを運営しているのであれば、URLが違う400ページがサーチコンソールでインデックスされるようになり、内容が重複している300ページが除外されて、ウェブサイト全体のランクが下げられてしまう事があります。

サブディレクトリでの運用をするのであれば、httpとwwwのある無しでURLをリダイレクトすれば良いのですが、サブドメインでの運用はさらにサブディレクトリからサブドメインへの転送設定もしなくてはいけなくなるので、さらに話がややこしくなってしまいます。

httpsのwww無しにリダイレクトする設定

※example.comの部分は運用しているウェブサイトのドメインに書き換えて下さい。

httpやwwwのある無しで4つのURLが作成されてしまうため、http://example.com・http://www.example.com・https://www.example.comの3つのURLからhttps://example.comに全てリダイレクトする設定を行います。

WordPress側の設定とサーバー側の.htaccessに手を加えなくてはいけなくなるため、万が一に備えてバックアップを取ってから設定をするようにして下さい。

まず、WordPressの設定でWordPressアドレスとサイトアドレスを、httpsのURLに書き換えておきます。http://example.comであればhttps://example.comに変更し、サブドメインでの運用であればhttp://example.com/blog/からhttps://blog.example.comに変更をします。

次にサーバー設定の.htaccess編集画面を開いて、下記コードをなるべく上に記載いたします。私の場合は.htaccessの一番上に追記いたしました。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
# httpからの通信を、httpsにリダイレクト(www有り無し)
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*$) https://example.com/$1 [R=301,L]# httpsからの通信でwww有りの場合、www無しにリダイレクト
RewriteCond %{HTTPS} on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.example.com$
RewriteRule ^(.*)$ https://example.com/$1 [R=301,L]
</IfModule>

この設定の一番目で、httpでアクセスした場合に全てのアクセスをhttps://example.com/に301リダイレクトする設定となり、2番目のコードでhttps://wwwへのアクセスをhttps://example.com/に301リダイレクトする設定となり、このコードを追加する事で全てのアクセスをwww無しの常時SSL化したURLに統一する事が出来ます。

サブドメインでWebサイトを構築した際に追加する設定

Xサーバーの場合はサーバー管理のサイト転送設定で.htaccessに自動的に追加出来る項目となっておりますが、そちらで設定を行うと.htaccessの一番下にサブドメインへのリダイレクトコードが追加されてしまうため、手動でhttpsへのリダイレクト設定の直下に追記いたしました。

Redirect /blog/ “https://blog.example.com/”

特に記載は無いですが、上記サブドメインへのリダイレクトも301でリダイレクトをする設定となります。
https://www.blog.example.com/などのURLは、上記設定で転送出来ていないようですが、下手に手を加えると無限ループしてしまってうまく設定出来ませんでした。
今の所この設定が一番上手く機能しているのではないかと思います。

https://blog.example.com/のサブドメインでWordpressサイトを運用する場合は、下記コード全てを.htaccessに追記します。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /# httpからの通信を、httpsにリダイレクト(www有り無し)
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*$) https://example.com/$1 [R=301,L]

# httpsからの通信でwww有りの場合、www無しにリダイレクト
RewriteCond %{HTTPS} on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.example.com$
RewriteRule ^(.*)$ https://example.com/$1 [R=301,L]
</IfModule>

Redirect /blog/ “https://blog.example.com/”

これで、SSL化したサブドメインでWordPressサイトを運営する場合の設定となります。


YouTubeチャンネルのご紹介

Youtubeチャンネルでは、日本国内各地の美しい四季の風景、ネイチャービデオ、花火大会やイベント・お祭り等、クリスマスイルミネーションや夜景、星景タイムラプス映像、Vlog、飛行機や新幹線などの乗り物等の映像をライブラリー化し、世界各地に発信しております。
また、不定期で花火大会やイベントのライブ配信も実施中!
下のYouTubeアイコンからチャンネルを表示していただき、チャンネル登録後に通知をオンにしていただくとライブ配信の通知が受け取れます!
もちろん動画URLや埋め込みタグを使用したウェブサイトへの埋め込みやSNSでのシェアもOKです!
YouTube チャンネルリンク
各種SNSを運営中!フォローや登録はこちら!
YouTubeチャンネル
Bluesky
Fecebook
threads
instagram

関連記事

  1. TCD ワードプレステーマGENSEN 検索フォーム

    検索機能が高性能すぎるWordPressテーマ! TCD GENSENでSEO対策がオススメ

  2. WordPress ブログ記事を書き始めて8ヶ月目のアクセス数や収益は?

    WordPress ブログ記事を書き始めて8ヶ月目のアクセス数や収益は?

  3. 記事の最後に定型文を自動表示するWord Pressプラグイン!Add Widget After Content

    記事の最後に定型文を自動表示するWordPressプラグイン!Add Widget After Content

  4. WordPressでブログ記事を書いて5か月目 157記事のPV数や収益を公開!

    WordPressでブログ記事を書いて5か月目 157記事のPV数や収益を公開!

  5. Googleサーチコンソールへの登録

    Google サーチコンソールへのXMLサイトマップ登録と使用方法

  6. Google サーチコンソール サイトマップ送信

    WordPressでブログ開設して1ヶ月目の記事数、アクセス数や収益は?

  7. udinra sitemap proの購入

    Udinra Sitemap pro|WordPress画像・動画サイトマップ作成プラグインの使用方法

  8. WordPressで記事を書いて3か月目 100記事のPV数やアドセンス収益を公開!

    WordPressで記事を書いて3か月目 100記事のPV数やアドセンス収益を公開!

  9. Xサーバーの高速化設定ページのサムネイル

    エックスサーバーの高速化設定!レンタルサーバーのパフォーマンスを向上して快適に!

  10. エックスサーバー 2024年のハードウェア増強

    Xサーバーがハードウェアを増強したので、新サーバー簡単移行でお引越し!

  11. 重いプラグインを減らしてWordPressサイトを高速化!読み込みを快適にして直帰率を下げるのがオススメ!

    重いプラグインを減らしてWordPressサイトを高速化!読み込みを快適にして直帰率を下げるのがオススメ!

  12. Ultimate XML Sitemaps Generator for Googleのインストール

    動画と写真のXMLサイトマップもインデックス可! Ultimate Google XML Sitemaps Generator Proのレビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 秋田県湯沢市役内川沿いの桜並木

    国道108号線沿いに咲く役内川の桜並木 | 秋田県湯沢市

  2. 福島県福島市 飯坂温泉 花ももの里の風景と菜の花

    色鮮やかに彩る飯坂温泉の桃源郷 花ももの里 | 福島…

  3. 秋田県湯沢市 おしら様の枝垂れ桜

    白山神社に咲く樹齢200年超の名桜 おしら様の枝垂れ…

  4. 余目さくら花火鑑賞会 ミュージックスターマイン

    花見と花火が観賞できる内小友余目さくら花火鑑賞会 …

  5. Venteland 1300Wヘアドライヤーのデザインとノズル

    AmazonのVenteland 激安1300Wヘアドライヤーをレビュ…

  6. 青麻神社 榊流青麻神楽

    青麻神社春季例大祭 榊流青麻神楽奉納は2024年5月1日…

  7. 大崎市三本木ひまわりの丘 菜の花まつり-菜の花200万本の絶景が見頃!|宮城県大崎市

    200万本の黄色い花々を楽しめる大崎市三本木菜の花ま…

  8. 宮城蔵王えぼしリゾートのリフトと水仙の花々

    みやぎ蔵王えぼしリゾートで2024年4月20日から、えぼ…

  9. 米山チューリップまつり 早咲き品種

    10万株、60種の花々が見頃!道の駅米山チューリップま…

  10. 金蛇水神社 九龍の藤の花々

    金蛇水神社 牡丹と藤の花が美しい花まつりを2024年4…

人気記事トップ10

カテゴリー

YouTube チャンネルリンク

写真素材のピクスタ