90系ヴォクシーE-FourをRS-R Ti2000でローダウン!ハイブリッドの4WD ZWR95W用ダウンサス

トヨタ 90系 ヴォクシーハイブリッド E-Four ダウンサス RS-R Ti2000 ローダウン 比較

90系(ZWR95W)ヴォクシーハイブリッドE-FourにRS-RのダウンサスTi2000を入れてローダウンをしてから、19インチホイールを履かせてツライチマッチングをいたしましたので、装着後のダウン量や乗り心地も含めてレビューをしていきたいと思います!

90系ヴォクシーハイブリッドE-FourにRS-RのダウンサスTi2000を入れてローダウン!

ノーマル90系ヴォクシー4WDとE-Fourの車高の事

トヨタ新型90系ヴォクシーハイブリッドS-Z E-Fourのデザイン
80系ノアとヴォクシーの4WDは尻上がりでホットロッドかと思えるような超前傾姿勢になっているのは有名な話ですが、90系ノアとヴォクシーの4WDとハイブリッドE-Fourは、前の車高も上げて4WD専用のサスセッティングをしています。
これによって80系同様の超前傾姿勢は解消されているのですが、フェンダーアーチの大きさに対してタイヤサイズが小さい事と、特にリアのフェンダーとタイヤ間のクリアランスが大きくなりすぎて、イカツイ見た目に対してチョロQみたいなずんぐりむっくりスタイルが気になってしまっている人もいるのではないでしょうか。

トヨタ新型90系ヴォクシーハイブリッドS-Z E-Fourのサイドデザイン
ほとんどの場合は展示してあるFF車を見てから契約して4WDの現車が納車されてから、やたらと高い車高に違和感がある事に気付くとは思いますが、ドレスアップをした事がある経験者であれば後々気になり出す事もあるのではないかと思われます。
カタログスペックを見れば車高が違う事には気づきますが、ノアとヴォクシーを展示する場合は4WDとFFの両方を展示しないと詳しくは分からないとは思いますし、現車が届くまではフェンダークリアランスがこんなに大きいとは気づかないはず・・。そのぐらい見た目は違います。

私の場合は納車後すぐに車高よりもフェンダーとタイヤ間のクリアランスが広い事が気になり出して、納車後1か月ちょうどでローダウンスプリングを入れてしまいました。

ZWR95W ヴォクシーハイブリッドE-FourにRS-Rのダウンサス Ti2000を取り付けた実車レビューとして紹介しておりますが、ノアハイブリッド E-Fourに関してもフェンダークリアランスや車高の下がり方は一緒ですので、90系ノアHV E-Fourユーザーも参考としてご覧いただける記事になっています。

ヴォクシーハイブリッド4WD ダウンサス 『 Ti2000 』
RS-R Ti2000ヴォクシーハイブリッド商品ページ
ヴォクシーハイブリッドE-FourにFF車の純正ショックアブソーバーとコイルスプリングを入れるという手もありますが、リアモーター分の重量が加わるのとフル乗車時にどのぐらい下がるか分からないというのもあったので、RS-R Ti2000でFF車ぐらいまで車高を下げるというのが目標でした。
理想を言えば車高調でベタベタまで下げたいのですが、ドレスアップ目的では行ける場所が制限されてしまう事と、雪上走行が必要になる冬の撮影のためにE-Fourを購入した意味が無くなるという事で、フロント3cm~3.5cmダウン、リア4.5cm~5cmダウンで、永久ヘタリ保障のRS-R Ti2000にする事は前から決めておりました。
また、ヴォクシーハイブリッドE-Four購入前に乗っていたアベンシスの19インチのアルミホイールが家に残っていたのと、廃車前にタイヤを新品に交換したばかりだったのもありましたので、このホイールを履かせるために違和感が無い車高までには落としたかったのです。

取り付け工賃を浮かせるために自分で取り付ける事も考えてはいましたが、新たに工具を買い集めると工賃分ぐらいの価格にはなってしまう事と、信頼できるショップに頼みたいという事もありましたので、近所のコクピット名取店さんにダウンサスの取り付けを依頼いたしました。
1G締め付けや仮のアライメント調整を含む取り付け作業の様子はコクピット名取店さんのカスタマイズ別ショーケースで紹介しておりますので、是非そちらも参考にしていただければ幸いです。

RS-R Ti2000取り付け後の車高

90系ヴォクシーハイブリッドE-FourにRS-R Ti2000を取り付けた後の車高
RS-R Ti2000取り付け直後のテスト走行をした時のヴォクシーハイブリッドE-Fourの車高ですが、丸見えだったホイールハウス内のショックアブソーバーが目立たなくなり、FF車並みのスマートに見える車高にまで落ち着きました。
フロント3cm~3.5cmダウン、リア4.5cm~5cmダウンが公表値ですが、取り付け直後の車高なので、馴染んでくればもう少しだけ下がるはず。

90系ヴォクシーハイブリッドE-FourにRS-R Ti2000を取り付けた後の車高
ホイールの中心からバンパー下端までの位置を見ても、90系ノアとヴォクシーの4WD車で見られる特有の腰高感が解消されて、純正車高よりもかなり落ち着いた車高になったのではないかと思います。

90系ノアとヴォクシーの4WD車で見られる特有の腰高感
後端に向けて若干の尻上がり傾向でもあったリア周りも、自然な車高に落ち着いてFF車同様の見た目に近くなりましたが、あくまで4WDの車高からFF車並の車高に落ち着いた程度のダウン量なので、輪止めやスロープなどの段差があっても気にするほどのダウン量ではないです。
もう少し下げたい場合は車高調を入れるか、車検非対応になったとしてもTi2000スーパーダウンを入れるのが良いのかもしれません。

トヨタ新型90系ヴォクシーハイブリッドS-Z E-Fourのサイドデザイン
90系ヴォクシーハイブリッドE-FourにRS-R Ti2000を取り付けた後の車高

ZWR95WヴォクシーハイブリッドE-Fourを横から撮影した写真を並べると、見た目でもかなり変わって、車体と足回りに一体感が出たのが分かるのではないかと思います。
また、リアのサスペンション形式であるトーションビーム式コイルスプリングはアームの起き方次第でタイヤの位置が前後する構造上の問題で、4WDではフェンダーアーチに対してリアタイヤが前側に寄っていると思いますが、FF車の車高に近づいた事でタイヤが丁度良くセンターに収まっています。
これは、4WD車がFF車と共通のアームを使用しているのに対して、4WD専用のスプリングとショックアブソーバーを取り付けている事から、ピボットを中心にトレーリングアームが下方向に起きてしまっている事が影響しているのだと思われます。

トーションビーム式はトレーリングアームが水平になった時に車軸が一番後ろに下がって、さらに車高を下げるとピボットを中心にトレーリングアームが上方に起きて、車軸が前に寄ってくる特性を持つサスペンション形式になっていますので、RS-R Ti2000を取り付けるとぴったりとアーチのセンター付近で車軸が収まっているのが分かります。
気にする人は少ないとは思いますが、この辺は天下のトヨタさんで妥協して設計していたのでしょうね。

90系ヴォクシーハイブリッドE-Fourローダウン時のドライブシャフト
地上からリアモーターまでのクリアランスは保ててますが、ドライブシャフトが常に上方に折れたような形になるので、シャフトブーツの寿命は多少落ちるというのは頭に入れておいた方が良いのかもしれませんが、腹下を擦ってしまうような低さまでは下がらないので、ファミリーカー仕様のドレスアップとしては充分なクリアランスです。


ローダウン後に19インチ8Jもぴったり収まった

90ヴォクシーハイブリッドE-Fourのホイールマッチング
ZRT272Wアベンシスの形見だったホイールを収めるために車高を下げたかったのもありますが、4WD車特有の腰高感のある車体に収めても違和感しか無かった見た目が、違和感の無い一体感があるスタイルにまで落ち着きました。

90系ヴォクシーハイブリッドE-FourにRS-R Ti2000を取り付けた後に19インチホイール
とりあえず付けてみた感が無くヤンチャ感も無い落ち着いた印象で19インチを収められておりますが、ZRT272Wアベンシスではかなり内側に入ったサイズだった8J+38の19インチが、90系ヴォクシーハイブリッドではツライチに収まりました。
歴代のヴォクシーも幅が広いタイヤが履けない車種ではありましたが、90系は多少ボディ幅が広がって全車が3ナンバーになったものの、8J~8.5Jがギリギリのサイズとなるようです。 ただし、個体差によってぎりぎり収まった可能性があるのと、これ以上のローダウンはフェンダーの爪に干渉する恐れがあるので、8J+38は非推奨のホイールマッチングとさせていただいております。

前後ホイールサイズ:19インチ 8J+38
タイヤサイズ:ZEETEX HP3000 vfm 225/40R19.Z 93W XL
エクストラロード規格なので、タイヤの空気圧は純正のJATMA規格のロードインデックスと同等の負荷能力となる前後280kpaにしております。
また、タイヤサイズについてもロードインデックスとフェンダーアーチの大きさを考慮して純正17インチよりも5mm大きい225/40R19のサイズを収めております。

純正16インチサイズ:205/60R16 外形:652.4mm
純正17インチサイズ:205/55R17 外形:657.8mm
19インチタイヤサイズ:225/40R19 外形:662.6mm

RS-R Ti2000取り付け後の乗り心地と走り

乗り心地については純正とさほど変わらないか少し硬くなった程度で、乗り心地にはあまり影響していないような印象は受けましたが、道路の歪のような大きな段差を超える時の揺れ方が少し大きくなったようにも感じられました。
思っていた以上にローダウンをした影響を感じないけどスプリングレートを上げた影響で少し乗り心地が変わっているというのが、筆者のインプレッションです。
リアの腰高感が少なくなった影響はとても大きく、特にリアの粘りが弱くてロールが大きく感じるような不安定感が解消されて、ノーマルの状態よりも曲がりやすくなりました。
多分、このロールを減らすためにリアのスプリングレートを上げている影響が乗り心地に少し影響しているという感じですが、体感でも走りやすくなったので、個人的にはかなり品質が高いスプリングであるという印象は受けました。
90系ノアとヴォクシーのハイブリッドE-Fourや4WD車特有の腰高感が気になる人や、曲がる時のロールが気になる人にはオススメのローダウンスプリングですし、ノーマルでは入れなかった1.9m制限の駐車場に入れるようになります。

90系ヴォクシーハイブリッドE-FourにRS-R Ti2000を取り付けた後のアライメント
アライメント調整後の数値は仮調整の状態です。
リアは元々左右でトーがずれている事が多いサスペンション形式である事は仕方がないのですが、3cm程度のダウン量でもフロントのトーは左右合計で-12.5mmのトーアウトになっておりました。
フロントはトーインで調整をしていただいておりますが、5000km走行後にアライメントを測定してもほぼ変わらず、30分ぐらいで本アライメントが終わりました。

四輪トータルホイールアライメントはミニバンのガソリンエンジン車よりも、ハイブリッド車の方が燃費や走行性能に大きく係わる部分ですので、ローダウン後だけではなく、ある程度距離を走ったら調整するのがオススメです。
直進安定性や旋回性能が良くなるだけではなく、タイヤにかかる抵抗が減った事でモーターで走行可能な速度域が調整前よりも上がりましたし、省燃費パーツや補強パーツなどを取り付けるよりも、体感や数値ではっきりと分かるぐらいの違いが感じられます。

また、90系の4WDは最低地上高が125mmとかなり低く設定されていますが、前軸より前のアンダーカバーの一番低い部分が結構下がりますので、雪道や悪路走行は少々苦手になるかもしれません。
光軸については、三眼プロジェクターじゃない方を選択しているので、マニュアルレベライザーで調整するだけで済みました。

90系 ヴォクシー リアバンパーの接触跡
と言ってるそばからリアバンパーを擦りました・・。
スロープを降りる時にフロントがクリアできたから大丈夫かと思ってそのまま勢いよく出たら、リアバンパーの下端を擦りました・・。
意外とリアのオーバーハングが長くて地上高も低くなるので、急角度なスロープを降りる時には接触に気を付けた方が良いのかもしれません。

そして、ディーラー入庫についてですが、12ヶ月点検の入庫時でも一切の指摘無しで問題なくクリアいたしましたので、ただでさえ最低地上高が低い95系ヴォクシーの4WDを35mmもローダウンしてディーラーでの車検は大丈夫なの?と思う方は安心してください。

その後、本アライメント調整を行って、全ての作業が終了いたしましたが、やはり燃費向上や走行性能の向上には、四輪トータルアライメントは欠かせません。
キャンバー角の変化も少なかったので、過度にずれたトー調整のみで、タイヤの偏摩耗や片減りも抑えられていましたが、このぐらいのダウン量であればタイヤへの影響も少ないと思っておいて良いでしょう。
本アライメントを行った後の事は別の記事でもご紹介しておりますので、是非参考にしていただければ幸いです。

YouTubeチャンネルのご紹介

Youtubeチャンネルでは、日本国内各地の美しい四季の風景、ネイチャービデオ、花火大会やイベント・お祭り等、クリスマスイルミネーションや夜景、星景タイムラプス映像、Vlog、飛行機や新幹線などの乗り物等の映像をライブラリー化し、世界各地に発信しております。
また、不定期で花火大会やイベントのライブ配信も実施中!
下のYouTubeアイコンからチャンネルを表示していただき、チャンネル登録後に通知をオンにしていただくとライブ配信の通知が受け取れます!
もちろん動画URLや埋め込みタグを使用したウェブサイトへの埋め込みやSNSでのシェアもOKです!
YouTube チャンネルリンク
各種SNSを運営中!フォローや登録はこちら!
YouTubeチャンネル
Bluesky
Fecebook
threads
instagram

関連記事

  1. プロスタッフ CCウォーターゴールドプレミアの施工後の艶

    CCウォーターゴールドプレミアのレビュー!極上の艶を実感できる自動車ボディコーティング剤

  2. トヨタ90系ヴォクシーハイブリッドE-Fourの実燃費

    トヨタ90系ヴォクシーハイブリッドE-Fourの実燃費は?東北と関東往復無給油で走行してみました。

  3. 星光産業 EXEA+Elnicecのニコイチタブレットホルダー

    落ちにくい自動車後部座席用ニコイチタブレットホルダーのレビュー!星光産業 EXEA+Elnicec製を合体

  4. トヨタ新型90系ヴォクシーハイブリッドS-Z E-Fourのサイドデザイン

    80系ノアとヴォクシー4WDの尻上がりと90系新型ハイブリッドE-Fourで車高が高い理由が判明?

  5. トヨタ ヴォクシーハイブリッドに搭載したPTCファンヒーター

    PTCヒーター(セラミックファンヒーター)でトヨタハイブリッド車の燃費が向上する冬の暖房対策!

  6. YACの90系ノアとヴォクシ専用ETCカバー装着後

    トヨタ90系ノア・ヴォクシー専用 YACビルトインETCカバー取り付けとレビュー

  7. 90系ヴォクシーの前席フロアマットの水分をリンサークリーナーで吸い上げる

    車内清掃に便利な家電!アイリスオーヤマのリンサークリーナーRNS-300のレビュー!フロアマットやシートも!

  8. 呉工業 プラスチック内装保護艶出し剤 クレポリメイトDX施工後の艶

    自動車の車内清掃や内装の艶出し保護にオススメのカーケア用品や家電を紹介!

  9. DIXCEL ブレーキパッド M type

    純正から評判が良いDIXCEL(ディクセル)のブレーキローターPDとパッドM Typeに交換してみたのでレビュー

  10. ソフト99 C-221 04940 パーフェクトフォーム スターティングセット プロが使うようなきめ細かく濃密な泡を実現 専用濃縮シャンプー3包付 SOFT99

    泡洗車用品! ソフト99のフォームガン!パーフェクトフォーム・モビルフォーマーのレビュー

  11. 自動車の四輪ホイールアライメント調整の必要性!燃費向上や走行性能にも影響するメンテナンス

    撥水と艶が凄い!自動車ガラス系ボディーコーティング剤 CC ウォーター ゴールドのレビュー!超オススメ!

  12. Aqua Dream自動車用バッテリー MF56219に交換

    Amazon自動車用激安バッテリー!韓国製Aqua Dreamのバッテリーのレビュー!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 秋田のあじさい寺・雲昌寺の参道

    アジサイ寺・雲昌寺で2024年6月8日から「あじさい観…

  2. 秋田県大仙市 余目公園の桜

    桜の名所 余目公園 (あまりめこうえん) | 秋田県大仙…

  3. 宮城県栗原市一迫山王史跡公園あやめ祭り

    一迫山王史跡公園あやめ祭りを2024年6月13日から開催…

  4. 多賀城跡あやめ園 ライトアップ

    多賀城跡あやめまつりは、2024年6月15日から開催!光…

  5. 新潟県三条市 しらさぎ森林公園 花菖蒲まつり

    2024年6月10日から開催予定!しらさぎ森林公園で花菖…

  6. 五十公野公園 しばたあやめまつり

    五十公野公園 しばたあやめまつりは、2024年6月12日…

  7. おながわみなと祭り 海上花火大会 芳賀火工 音楽花火

    海上獅子舞や花火大会が行われる、おながわみなと祭…

  8. Flying Scriptsで高速化する前後のPagespeed Insightsのスコア比較

    WordPress高速化 アドセンス自動広告等のJavaScript…

  9. クリニカADNSハブラシ4列コンパクトふつう

    歯磨き時のブラッシングの圧力が強すぎる人のチェッ…

  10. SmallRig ARRI互換ダブテールプレート -3770とBMPCC6Kと500mmレンズ

    動画撮影時のブレを抑えてカメラの脱着も簡単なSmall…

よく読まれている人気記事ランキング

YouTube チャンネルリンク