汚れたカメラのレンズクリーニングにはHAKUBAのレンズペンがオススメ!

ハクバレンズクリーニングペン

カメラを使用している内に、次第に汚れてくるレンズのガラス面。レンズクリーニングペーパーやレンズクリーニングクロスを使って清掃しても、綺麗にならないばかりか汚れが伸びて困ってしまう人はいないでしょうか?
そんな人にはHAKUBAのレンズペンがオススメです!

レンズクリーニングにはHAKUBAのレンズペンがオススメ

はじめに

ミラーレスカメラや一眼レフカメラを使用している内に次第に汚れてくるレンズのガラス面ですが、埃などはブロアーや刷毛で落とす事が出来ても、意外と頑固なのが雨シミや油分汚れなどの軽い清掃では落とせない汚れです。

例えば工場などのオイルミストが飛びやすいロケーションでの撮影や、誤ってレンズのガラス面を指で触ってしまった時などの汚れは、なかなか落としきれない場合もあります。

また、多少の汚れが残っていた場合に順光では気付かなかったものの、逆光や強い光が斜め方向から入ってきたときに、汚れの形がそのまま写真に写り込んでしまう場合もあるので、綺麗にしておいた方が後々後悔する事もありません。

もちろん、レンズのクリーニングが上手な人はいますが、私の場合は汚れを伸ばしてしまったり、湿式クリーナーを使って拭き残しがあったりしてあまり得意ではありません。
汚れが落ちにくいだけならまだ良い方で、つい力が入って傷つけてしまいそうになる時もあります。

そんな私でも、とても使いやすかったのがHAKUBAのレンズペンです。

HAKUBA レンズペンの紹介

ハクバレンズクリーニングペン
HAKUBAことハクバ写真産業から販売しているレンズペンは、なかなかレンズの汚れを落とせない不器用な人には特にオススメです。
ハクバ写真産業が特許を取得している、カーボン粉末が付いたセーム革製のチップでレンズ表面を撫でるだけで、傷をつけずに皮脂汚れや指紋などの汚れを簡単に落とすことが出来るレンズクリーナーなのです。
類似品も販売していますが、この仕組みはHAKUBAが特許取得済みなので、同じ物は販売できないはず・・?

ハクバレンズクリーニングペン
レンズペンは小型ペンシルタイプのクリーナーなので、バッグやポケットから取り出して、どこでも簡単にレンズを清掃する事が出来るのも特徴の一つで、汚れの落ち具合で言えば、乾式クリーナーより強く汚れを落として、湿式クリーナーよりは少し弱い程度と言った所でしょう。
時間が限られている撮影のちょっとした合間に手軽に使えて綺麗に汚れを落とせる物ほど、便利な物はありません。

ハクバレンズクリーニングペン
カーボン粉末は、レンズペンのキャップ裏側に付けられているスポンジに塗布してあるので、キャップを閉める度にセーム革にカーボン粉末が付着しますので、スポンジにカーボン粉末が残っている限り何度でも使用できます。

メーカー公表の使用回数は500回となっていますが、キャップ裏側のカーボン粉末が切れてくると、クリーニング中にチップの滑りが悪くなるので、その時が交換時期の目安となります。

私の場合は湿式クリーナーの後の拭き残しを落とすために使用する時もありますが、拭き残しの跡までしっかりと落とせるのが本当に素晴らしいのです。

欠点としては、レンズペンの単価が高く、使用しているうちにいずれはカーボン粉末が切れてしまう事。
スペアパーツとしてセーム革+カーボン粉末のヘッド単体を販売しているのですが、それでも1本あたり850円ほどの価格です。

また、湿度が高くレンズが曇りやすい条件や、雨で濡れたレンズを拭いた場合などは、チップに付いたカーボン粉末をごっそり持っていかれるので、レンズのガラス面が乾いた状態で使用しなくてはいけません。
その際は、レンズクリーニングクロスで一度水分を除去してから、レンズペンを使用した方が良いでしょう。

71K6ALFgeXL._AC_SL1500_
HAKUBA メンテナンス用品 レンズペン3 【レンズフィルター用】

ここまでレンズペンを紹介していましたが、PLフィルターやNDフィルターを付けて撮影をしている人の方が多いと思うので、ヘッドが平面になっているフィルター用がオススメです。
レンズペンはチップが曲面になっているのですが、チップが平面になっているフィルター用をレンズに使用しても、出目金レンズ以外は特に問題はないかと思いながら使用しています。
というか、出目金以外の曲面状のレンズなら平面もチップで充分なような気がします。

YouTubeチャンネルのご紹介

Youtubeチャンネルでは、日本国内各地の美しい四季の風景、ネイチャービデオ、花火大会やイベント・お祭り等、クリスマスイルミネーションや夜景、星景タイムラプス映像、Vlog、飛行機や新幹線などの乗り物等の映像をライブラリー化し、世界各地に発信しております。
また、不定期で花火大会やイベントのライブ配信も実施中!
下のYouTubeアイコンからチャンネルを表示していただき、チャンネル登録後に通知をオンにしていただくとライブ配信の通知が受け取れます!
もちろん動画URLや埋め込みタグを使用したウェブサイトへの埋め込みやSNSでのシェアもOKです!
YouTube チャンネルリンク
各種SNSを運営中!フォローや登録はこちら!
YouTubeチャンネル
Bluesky
Fecebook
threads
instagram

関連記事

  1. Adobe Photoshop シャドウとハイライト階調の範囲

    RAW現像 白レベル-黒レベル-ハイライト-シャドウの違い-Adobe Lightroom Classic CC

  2. Neewer RGBフルカラービデオライト

    スマホで色や明るさを調整可能!便利なNeewer フルカラーRGBビデオライトのレビュー

  3. SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art

    ズーム全域F1.8通しSIGMAのカメラ用Artレンズ 18-35mm F1.8 DC HSMのレビュー

  4. DisplayCAL 無料ディスプレイキャリブレーションソフトの使用方法

    DisplayCAL 完全無料ディスプレイキャリブレーションソフトの使用方法

  5. SmallRig Matte Box

    SmallRigの安くて高品質なカメラ用品やリグ、撮影用アクセサリーを紹介

  6. Topaz Labs Sharpen AIの手振れ補正機能

    写真の手振れを補正しピンボケを修復できるソフトウェア Topaz Sharpen AIのレビュー

  7. Adobe Lightroom ノイズ除去

    シャープとディテール・ノイズ除去の使用方法-Adobe Lightroom Classic CC

  8. SmallRig 15mmロッドシステム

    三脚使用時に望遠レンズのブレを抑えて撮影を容易にするカメラ用品 SmallRig 15mmロッドシステムのレビュー

  9. ヘッドフォン端子とラインアウトが独立したZOOM H6

    高音質でマイクの交換が可能なリニアPCMレコーダー ZOOM H6のレビュー

  10. Neat Image適用前後の比較

    写真のノイズを半自動で綺麗に除去するPhotoShopプラグインNeat Imageのレビュー

  11. シングルディスプレイ

    ゲーミングPCでもOK! 動画編集・映像制作向けパソコンのオススメスペック

  12. ANDYCINE Vマウントバッテリーアダプタープレートのレビュー

    カメラで長時間撮影可!Neewer NP-Fバッテリー Vマウントバッテリーコンバータアダプタのレビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 新潟県上越市 高田城址公園観蓮会

    東洋一のハスの花の名所 高田城址公園観蓮会は、2024…

  2. 宮城県登米市 伊豆沼はすまつり

    遊覧船で蓮の花を観賞できる伊豆沼・内沼はすまつり…

  3. レーザーショーと花火が楽しめる2023年 忍野八海祭りの花火大会を観覧してきた! | 山梨県忍野村

    レーザーショーとの競演!忍野八海祭り花火大会は、2…

  4. 能代港疫病退散サプライズ花火

    能代の花火は2024年7月20日に開催!東北唯一の正3尺…

  5. 2023年 酒田の花火 グランドフィナーレ

    酒田の花火は、2024年8月3日開催!打上時間と幅は短…

  6. 石巻川開き祭り花火大会 ミュージックスターマイン

    石巻川開きまつり花火大会は2024年8月3日に開催!ブ…

  7. 2018年 おおさき花火大会 ミュージックスターマイン

    打ち上げ数5000発!おおさき花火大会は2024年8月2日…

  8. 2023年 第76回塩竈みなと祭前夜祭花火大会の観覧レポ | 宮城県塩釜市

    塩竈みなと祭前夜祭花火大会は2024年7月14日に開催 |…

  9. わたりふるさと夏まつり花火大会

    【随時更新】宮城県内で2024年に行われる予定の花火…

  10. 2023年 長岡まつり大花火大会 復興祈願花火フェニックス

    日本三大花火 長岡まつり大花火大会は2024年8月2日と…

楽天トラベルのバナー画像

よく読まれている人気記事ランキング




Amazonトップページバナー
楽天モバイルアフィリエイト